スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでやってんの?

Posted by spree8(スプリー) on 12.2011 NBA 6 comments 0 trackback
30849d5583e98187eda79ab0f2f53103-getty-128794198.jpg



10/10の交渉が決裂したことにより、NBAの開幕が「少なくとも」2週間ズレ込むことになりました。
ただし、11/14になって「さぁ、いよいよ開幕です!」となる見通しは全く無く、
むしろ開幕がこのように小刻みに遅延していくことは想像するに難くはありません。
下手すれば、いや、このまま行けばかなり可能性は高いと思うのですが、プレーオフを含むフルシーズンのキャンセルなんてこともあり得ます。

オーナー側と選手会側の意見は対立するばかり。
どのような組織においてもコンフリクトは発生は避けられません。
一般的にこのようなコンフリクトの発生原因としては
①資源の希少性
②自律性の確保
③意思決定の分岐
というように大きく3つに分かれます。(一概にどれっていうのではなく、この3つが混在してます)
このコンフリクトはマイナスなイメージが強いですが、実は機能的な面もあります。

ある程度のコンフリクトが存在していることは多少の緊張関係をもたらし、行動を動機付けるものとなります。
そして、意見が対立する中から今まで思いつかなかった上質のアイディアを生み出す場合もあります。

ただし、それはその処理方法に間違いがなければの話。


今のNBAという組織はこのコンフリクトの処理方法を大きく誤っています。
登場人物は「オーナー」と「選手」しかいませんが、当然、「ファン」という登場人物も忘れてはなりません。


両者の主張は理解できます。

オーナーは高いサラリーを払いたくは無い。
当然でしょう、出資してるのは(少々語弊がありますが)自分です。

選手は既に高いサラリーを貰っているにも関わらずさらに高いサラリーを要求する。
当然でしょう、稼げるだけ稼ぐ。アメリカは資本主義大国です。皆さんも特別な事情が無い限り「俺の給料あげなくていーよ」なんて人はあまり多くないでしょう。

しかし、我々ファンは完全に置いてけぼり。
しかも時代が悪い。今は超が付く不況です。
そんな中、ミリオン単位で「よこせ、嫌だ」のやり取りをしているのは見ていて辟易してきます。

プロスポーツとは、
ファンがいて彼らの収入があるから成り立つのか、
選手がプレーしなければ存在し得ないのか、
そもそもパトロンがいなければ大規模に運営できないからオーナーいてこそなのか。
どれも正しいように思えますし、そこに議論はあるでしょう。

ちなみに冒頭に出した経営学的なコンフリクト論においてですが、
ベストソリューションは「協同」と言われています。
よく「妥協」という文字をみかけますが、
実は「妥協」というのは当面の問題解消に役立つことがあっても、それを前向きに生かすことは困難と言われてます。
つまりその場しのぎになったとしても、物事の根本的な解決にはつながらないってわけです。

おべんきょーしたことを実務的に当てはめるといかがなものかなんて事は良くありますが、
まぁ、この件は当たらずとも遠からずとも思います。
長い目で見て、こーゆー失敗を繰り返してNBAという組織が成長していって欲しいんですけどねー・・・

中途半端に50試合とか何試合とかやんなくていーんじゃない?
定期的にロックアウトが起こるなんて嫌です。
スターンは嫌いですが、彼の言う“ 'System Issues' Blocking Deal”ってのは、一瞬、言い訳とか論点ズレのよーにも見えますが、あながち間違ってないようにも思えます。
ドラフトとか移籍とか裏で力を持つエージェントがいるだとか、組織のトップに立つ人間が20年弱変わってないとか、そーゆー不透明な部分を全部クリアにしていけばいーんじゃないでしょーか。
いや、私も書いてて現実問題、そーゆーのは無くならないことは承知してますがね。。。



応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


ちょっと宣伝。

Posted by spree8(スプリー) on 05.2011 自己紹介的なアレ 1 comments 0 trackback
a81f50c43f505e7518627c00b23bd9e5-getty-112195346eg014_new_york_kni.jpg


ロックアトのせいなのかそうではないのかわかりませんが、
物凄いNBAから興味が薄れてしまっています。

特にウォルシュが辞めてからというもの、
本気で自分が生きてる間にニックスは優勝できないんじゃなかろうかなんて弱気になったり、
割と好きだった元ニックスで今年出戻りするんじゃなかろーかと密かに期待していたウィルソン・チャンドラーが中国に行ってしまったり、
どー考えてもカツカツなニックスのプレシーズンスケジュールが発表されたり、
マイク・ウッドソンがニックスの新しいディフェンシブアシスタントコーチに就任したために、
今までニックス記事で「Mike」といえば、プリングルスのことだったのに、どっちのことだか見出しだけではわからなくなったり、
Goodman LeagueとMelo Leagueが試合をしましたとか、「へ~そうなんだー」ぐらいにしか思わなかったりと、
ちょっと曲がりなりにもブログを書いてる人間としては何してんだと言わんばかりの有様。
リンクさせて頂いている有名ブログ様たちはロックアウト中でもかなりの頻度でエントリーを投じており、
凄いな~なんて尊敬している状況です。
早くサムネみたいなNBA選手の笑顔やスーパープレーが見たいわけですよ。

いつもなら誰があそこに行きそうだとかいう噂を追っていて、結構オフシーズンも好きだったりしたのですが、
今年はホントにダメです。
本当にいつかのNHLのように全シーズンがキャンセルされてしまうのではないでしょーか。
ニックスの一番の話題がウッドソン就任とかですし。
盛り上がらないですねー。
いつもならウッドソンについて色々調べて、あーだこーだなんて言いたい所ですが、
ウッドソンと言えば2~3年前に接戦のダラス戦で、興奮してコートの中まで乗り出して指示を出していたら、
キッドにわざと体をぶつけられてテクニカル取られて、
追いつかれて逆転されたというそんなヘタレなエピソードが頭をよぎります。

まぁ、不特定多数の方々相手に発信するブログというのを少しサボっている間、
実はリンクさせて頂いているブログ主の方々であったり、いつもコメントを下さる方々であったりと、特定の方々とお会いして飲んだり、スカイプでお話させていただいたりとしていました。
というわけで、宣伝です~。
私も前回参加させて頂いたのですが、
いつもお世話になっているコービーさんとこれまたいつもお世話になっているtkさんがスカイプで対談するそーです。
そんでもって、コービーさんの放送を通じてお知り合いとなり、私もちょくちょくスカイプでお話させて頂いているオデンさんも参戦するそーです。
お題はなんとおっさんホイホイ。
前回私が出たときはは90年代後半、2000年代前半の話ばかりで視聴者さんたちにドンビキされてしまいましたが、
今回はさらに昔の話題がメインテーマとなりそうです。
時間のあれば是非、ご覧になってくださいねー。
また、別件ですが、今度オフ会ならぬちょっとした飲み会もあるみたいで、
私も一応参加させて頂こうかなと思っていますーー。



こんな時だからこそ、いろんな方の意見を聞いて自分の視野を広げるのもいいのでは無いでしょーか。
私はそんな風に思います。



応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ




株神

Posted by spree8(スプリー) on 31.2011 NBA 9 comments 0 trackback
ap-201107250452175729783.jpg



今月初旬に「歩く万里の長城」の愛称で(呼んだことないけど)NBAで活躍したヤオ・ミンが引退しました。
元々貧乏な家に生まれたらしいですが、今では誰もが認める億万長者。
その理由は3つあります。今日はそんなお話を。

一つはNBAのサラリー
まぁ、彼もいいサラリー貰ってましたよね。
9年間で93ミリオン程(当時のレート換算で55億円ぐらい)「本業で」稼いだようです。

二つ目は広告
2000年のオリンピック以来、彼を起用する企業が続発。
具体的な数字はちょっと調べるのがめんどくさいので判りかねますが、これも相当なハズです。
本業よりもむしろ収入源だったのかもしれません。
一例としてはリーボックからは4500万元(5億5千万円程)を毎年貰ってたそうな。

三つ目は投資
そう、この人はですね、こっちでもかなり儲けてます。

ヤオ・ミンは2007年にGPS関連企業である「北京合衆思壮科技股フェン有限公司」という会社のイメージキャラクターになることと引き換えに同会社の全株式の0.75%にあたる67万5000株分を譲りうけていました。
興味深いのはイメージキャラクターのフィーとして株式を譲渡されていたので、キャッシュとしてのフィーはゼロ。
当時の時価(67万5000株分)が35.5万元だったそうなので、当時のレートで換算して約450万円程度でした。
この株価がリーマン・ショックにも負けずに上がりに上がって、2009年には3000万元(約4億円)までが膨れ上がります。
そして2010年、まぁ去年ですが、最高8000万元(約10億円)までいっちゃうわけですよ、奥さん。
中国国民からは「姚・株神」と崇められていたらしいです。

で、ちなみに今はいくらよ?と気になる所ですのでチャチャッとBloombergで検索。
2011年7月29日現在で一株当たり32.7元でしたね。
恐らく保有株式数は増減していないはずなので、総額は約2200万元。
落ちましたねー。
んでもってこれを日本円に換算すると2億6400万円となります。
だいぶ落ちました。
やはり急速に伸びた株価ってのは急速に下落しますねー。
ボラティリティー(株価の振れ幅。高い=上がる時は上がるけど落ちる時は落ちる。低い=あんまり変動しない)は相当高かったようです。
ヤオがこの株を今でも持っていれば8000万元の時代に比べて7億5千万程の評価損が出る羽目になってしまいましたが、もし売り抜いていれば関係無し。
ただ、イメージキャラクターのフィーとして貰ったので売るなと言われているようなものです。
でも、元手ゼロで手に入れた訳ですからねー。

まぁこうして中国では有数の資産家となったわけですが、お金は色々と変えてしまうようで。
この前の6月、ヤオが中国のあるスポーツメーカーを肖像権侵害諸々で相手取って訴訟。
ヤオの訴訟と言えば2003年に写真の無断使用を巡って某世界的飲料メーカーを相手に訴訟をしたことを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、この時は「金じゃねぇんだよ」となかなかのイケメン発言で損害賠償金額はたったの1元でした。
しかし、今回の賠償金額は1000万元+メディアへの謝罪
まぁ「だから何?金持ちになったからヤオが性格悪くなったと言いたいわけ?」なんてヤオファンに怒られそうですが、
そのような意図は毛頭なく、賠償金額の変化に中国メディアも驚きを隠せない事態らしいです。
ちなみに、この訴訟案件。長期戦になる模様。



噂の中国スポーツメーカーのロゴ。
ヤオの名前を勝手に使った上にどことなく某3本線スポーツメーカーにも似てます。
d65edde140b95518.jpg




さて、普段あんまり触れない選手のお話をしました。
ニックスネタはなんかないのかと。
無いですねー。
年間スケジュールは発表されたのと、10年ぶりにラグジュアリータックスを払わずに済んだってことぐらいでしょーか。
まぁ見守りましょう。



応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ



The End of the Walsh Era/The Start of the Lockout

Posted by spree8(スプリー) on 02.2011 New York Knicks 3 comments 0 trackback
alg_donnie-walsh-greenburgh.jpg


タイトル通り感謝の意と単なるグチです。

かなり予想されていたコトですが、
7/1よりNBAはロックアウトに突入しました。
私は98-99シーズンからNBAを見始めましたので一応前回のロックアウト体験組ですが、
いかんせん小学生とか中学生とかでしたので何がなんやら全く認識してませんでした。
そういう意味では実質初体験です。


7/1はそういう意味でX-Dayとなったわけですが、
その前日の6/30、New Yorkでは非常に残念な日となってしまいました。

ドニー・ウォルシュGM、契約満了により辞任。


我々ニックスファンの多くが慕っていたウォルシュが遂に実権を失いました。
少しレビューしてみます。

3月。
31日までにチームはオプションを行使してウォルシュに続投を求めるか、行使せずにウォルシュの時代を終焉させるか決める必要がありました。
しかし31日になっても明確な発表はなく、よくわからないままDueを経過。

4月。
ウォルシュに対して2年間の延長契約を提示するだろうという報道が活性化。
3/31までにオプションを行使すると契約が1年延びるだけ。
いったん契約を満了して新規に2年契約を結ぶ。
といったような方針が4月中に明確にされる。
という情報が飛び交っていました。
この報道を見たときは「おぉ、悪くないじゃん」と思いました。
更にいうと、ドランは「アイザイアと手を切る」という報道も。
しかし、4/30のDueを過ぎても何もなし。
そして、私は繁忙期へ。

5月。
4月中に流れた「3/31までにオプションを行使しなかったのは新規2年契約を結ぶため」論が加速。
そしてバカオーナー、ドランとウォルシュの間で上論が口頭ながら交わされたという情報が飛び交います。
安心。
あとはチームからの公式発表を待つばかりという段階になりました・・・と思っていました。
Additional Informationとしてはアイザイアがピストンズに行くのではなかろーかという噂も。

6月。
なんと、ドランがウォルシュに対して上記の口頭契約を大幅変更。
新規契約のオファーをするにはしました。
しかし条件が全然違う。
40%のペイカット+ウォルシュが自治権を持てるかどうか不明確
アイザイア再招聘騒動+2月のク●トレードの一件で我慢していたウォルシュはもう限界だったようです。
ウォルシュは当然この契約には合意せず、両者決裂。
何もなければ6/30に契約満了により辞任という当初の文面通りの結末となってしまいました。
そして、4月5月のアイザイア絡みの噂も全てガセだということに。


90年代、打倒最強ブルズの筆頭として君臨していたニックスを、2000年代にスコット・レイデンとアイザイア・トーマスが7~8年かけて完全に破壊しました。
粉塵みたいになっていたニックスを再建したウォルシュ。
去年までにカリー以外のアイザイア債権を全て処理。
Thank You Very Much!
(ニックスは現在も再建中です。よく勘違いされる方がいるので念のため。)
確かにウォルシュの健康面は前々からかなり不安視されていました。
もう70歳ですし。
しかし、そんなウォルシュにこのような仕打ちは本当に酷い。

やはりオーナーが変わらない限り無理なのでしょうか・・・


そして後任は誰になるのか。
現在のニックスの重役で後任候補となる人物はアラヒュー、グレン・グランワルド、ジョン・ガブリエル、マーク・ワーキティエンそしてスコット・オニール。
とりあえずはグランワルドが仮として後任となるようです。
グランワルドはトロントで当時のGMであるアイザイアに雇われた過去があり、アイザイアサイドであることは否めません。
そして当のアイザイアも非公式ですがドランのコンサルタントの位置づけです。
アラヒューは確かにまだ早いと思いますし、この度、ニックスはD-LEAGUEチームを創設、GMをアラヒューとしました。
もう少し修行です。

とにかく、ドニー・ウォルシュGMお疲れ様でした。
そしてありがとう。


しかし、ニックスがそんな状況の中、そもそもNBA自体がロックアウトという状況です。
お馴染みちゃんぷる~さんが詳しく解説なさっているのでご一読を。
幸か不幸か主力の怪我がまだ完治していません。
アマレがPOで痛めた背中はまだ痛いようですし、ビラップスも5月に2回目のMRIを実施したらしくリハビリ中です。


ロックアウト?
おぉ、今度こそミラクルニックス再来ですか?
しかし、それは少なくともRS50試合及びPOを実施した前提。
NHLは04-05シーズンにレギュラーシーズン、プレーオフを含む全ての試合を中止した過去があります
現在アメリカ4大スポーツは深刻です。
NFLも3月中旬からロックアウトに入っています。
NBAもNFLも来シーズンの開幕が遅れると決まったわけではありませんが、ファンとしては残念極まりないですね。

しかし!
ヘッダー画像を描いて頂いていつもお世話になっているNAKさんが素晴らしい企画を行っています。
詳細は是非I LOVE NBA NAKのブログさんをご参照してください。
私の投票結果です。

1位パトリック・ユーイング
2位ジョン・スタークス
3位マーク・ジャクソン
4位アンファニー・ハーダウェイ
5位ディケンベ・ムトンボ


NYKファンの皆様、是非元ニックスに投票しましょうw


応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ




Welcome to New York!

Posted by spree8(スプリー) on 25.2011 New York Knicks 10 comments 0 trackback
isbig135353--430x180.jpg


いい加減更新します。


昨日行われた2011年ドラフト。
我らがニックスは17位指名権を保有。
ケンバ・ウォーカーが直前に評価を落として、17位まで回ってくるのではなかろーかなんて淡い希望も飛び交いましたが叶わず。
現実的には18位でワシントンに指名されたクリス・シングルトンが来るだろうと予想されてはいましたが、結局指名したのはイマン・シュンパート。





すっげー微妙な反応です。
というか、スターンさん読み方確認するやな。
注目されていないということがバレバレ。
ま、かくいう不勉強なものではっきり申し上げてどのような選手だか知りません。
というわけで少々リサーチ。

ジョージアテック出身のPG/SGということで某スターと被っているので第一印象が…
冗談はさておき、身長195cm、ウイングスパン205cmということでガードとしては割といい感じのサイズの持ち主。
ハイライトと紹介文で判断する限りはそこそこのガタイ、ボディーコントロールを持っていてオフェンス、ディフェンス共にゴリゴリ行くタイプのようです。
ガードの割には大学時代そこそこリバウンドを獲っていて(5.9R)、リバウンドの弱い今のニックスにとっては割と朗報。
そして何より一応ディフェンスが売りなプレーヤーだそうです。
ここまで書くとはなかなかのナイスピックと思ってしまいます。

当たり前の事ですが、良いところもあれば悪い所も。
まずバスケットIQがあまり高くないようです。
直近のニックスのバスケットIQの低いプレーヤーと言えばジャレッド・ジェフリーズ。
それから移籍してしまいましたが、ネイトなんかはバスケットIQの低い最たるものでしょう。
シュートが上手くない割にはシュートを打ちたがりだそうです。
(シュンパートはジュニアなのですが)「大学時代の3年間、ジャンプシュートの改善は全く見られなかった」とまで書かれています。


プリングルスの8メンローテーションに入るかどうかは正直微妙なところですが、使われるとするならばスポット的なディフェンダーとして、というところでしょうか。
まぁご存じの通りニックスにはオフェンスバカがいますので、そういう意味では机上ではそんなに悪くないピックなのかなーとは思ってます。

「彼は素晴らしいディフェンダーで身体能力も高い。来シーズンはローテーション入りするんじゃね?」というのは6/末で任期満了(この点についてかなり文句があるのですが、それは後程別記事にて)のウォルシュGMの言葉。
結局、シングルトンと比較してこの2点を買ったそうです。

「彼の身体能力とディフェンスのクオリティーは高い」とはプリングルス。
チョウンシー+ダグラスorチョウンシー+フィールズに噛ませるようなことを言っています。
というか、この人、シュンパートはローズ、ウェイド、レブロンもガードできると大絶賛しています。


アマレやフィールズのツイートを見ても歓迎しているようです。
本人もニューヨークに指名して欲しかったそうでサムネの通り満面の笑み。
まぁいきなり大スターをガードできるかはわかりませんが、ディフェンダーが入ってきたというのは朗報。
将来は私の大好きなディフェンダー、ターボ・セフォロシャみたいになってくれたら超ラッキー。
フィールズのように全く注目されてなくても活躍できる例もありますし、シングルトンの方が良かったーなんてことが無いように応援しましょう。

また、ニックスはニューオリンズから45位指名のジョシュ・ハレンソンを買い取りました。
ケンタッキー大出身のシニアでPFです。
こっちは正直厳しそうですが、フレッシュなルーキー君達には頑張って欲しいですね。


毎年、ドラフトにはトレードが付随するものですが、今年はそんなに。
まぁ皆さん既にご存知でしょうし、私がリマインドするまででも無いでしょう。
ただ、JAXがボブ猫から出て行ってしまったのは個人的には残念です。

久々の更新でニッチな話題ですいません。
次こそ色々な話題を。




応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ



 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。