スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”ほぼ”フランチャイズプレーヤーTOP10

Posted by spree8(スプリー) on 12.2010 ランキング・企画 4 comments 0 trackback
capt_c64aabee1a254d78a1134125709c6701_grizzlies_celtics_basketball_maea109.jpg

いやーロンド凄いですねー。
以前に「ロンドがボール持ちすぎじゃね?」なんてことを書きましたが、完全に涙目&見る目無かったですねーw
レブロンの「無駄に派手な」ブロックをあざ笑うかのようなトニー・アレンへのビハインドバックパスしびれました。そしてトニー・アレンにも同じようなことされてましたねw
学習能力ありますねー。







さて、今日はプレーオフとはちょいと外れてもう少しでフランチャイズ・ブレーヤーのTOP10を紹介します。
完全に意訳ですw
元ネタDIME

1.アンドリュー・バイナム(22歳)
実際になれそうな時:コービーが引退してから。
最大の懸念:健康でいられるか。過去3シーズンの大部分を膝とアキレス腱の怪我で欠場。去年レイカーズが優勝した時は大して重要人物では無かった。そして、今年もすでに怪我してしまっている。

怪我すんなよ、お前
5abf3a6d3c5e6008c1d188cbb2571333-getty-98257330sd012_oklahoma_city_convert_20100512014307.jpg


2.レイジョン・ロンド(24歳)
実際になれそうな時:もう既にフランチャイズ・ブレーヤーって言って良いとは思うが、ボストンの顔はやはりポール・ピアースである。
最大の懸念:ジャンプ・シュートが全然入らない。ジャンプ・シュートが入るようになれば、NBAのPGのトップ3には入れる。

ポール先輩、そろそろ譲ってくれません?
r3313480363_convert_20100512014432.jpg


3.ロドニー・スタッキー(24歳)
実際になれそうな時:リップがいなくなったら。
最大の懸念:ゲームメイク能力が欠如している。スタッキーはロイやウェイド並のコンボガードではあるが、アシスト能力やゲームメイク能力が彼らより全然劣っている。外郭からのシュート精度もあげなければならない。


4.ロイ・ヒバート(23歳)
実際になれそうな時:ペイサーズはヒバートには彼の潜在能力を引き出す可能な限りのあらゆる機会を与えようとしているが、ジム・オブライエンがHCな限りは無理だろう。
最大の懸念:ファウルトラブル。ヒバートはインサイドから得点できるし、グレンジャーとの相性も良い。けど、残念ながらファウルがかさんでコートに立っている時間が少ない。

5.ブレイク・グリフィン(21歳)
実際になれそうな時:この夏にレブロン、ウェイド、ボッシュと契約しなければ。
最大の懸念:まだわからん。グリフィンの膝が長期間に渡る問題となるとは思えない。だから、彼が「怪我しやすい」とは思わない。まだ、NBAのコートに立っていないわけだし。


6.O.J.マヨ(22歳)
実際になれそうな時:ルディ・ゲイがこの夏にFAとなり出て行ったら。
最大の懸念:経験がまだ無い。彼は身体能力が爆発的に高いわけではないし、身長も低いのだから、コビーと同じぐらいのフットワークやスキルを身に付けていかなければならない。しかし、それは1年やそこらで身につくものではない。

7.マイケル・ビーズリー(21歳)
実際になれそうな時:例えこの夏にヒートがウェイドを失うことになったとしても、金は余っているので他のスーパースターをつれてくることはできる。それが誰かによって、ビーズリーがフランチャイズ・プレーヤーになれるかどうかが決まる。
最大の懸念:ビーズリーが多才な選手だということには誰も文句はない。今回のプレーオフの出来が最悪に酷かったとしても、その器の片鱗は見せた。しかし、彼はジャマーカス・ラッセルになる可能性もある。

※ジャマーカス・ラッセル:NFL選手。2007年ドラフトで全体1位指名を受けるものの、期待に応えられず成績不振により放出される。

POは散々でした…
3da4a0e1ee12423b41493d7aa0181ac0-getty-97965905eg005_miami_heat_v__convert_20100512014218.jpg



8.アンドレイ・ブラッチェ(23歳
実際になれそうな時:すでにチームではトップの座にはいるであろうが、ギルバート・アリーナスが帰ってきたら状況は変わる。
最大の懸念:未熟さ。彼は素晴らしいスキルを持っているが、フランチャイズ・プレーヤーになるのなら精神的に成長する必要がある。彼がロッカールームリーダーとなって喜ぶ選手がどこにいるだろうか?

9.アンドレア・バルニャーニ(25歳)
実際になれそうな時:ボッシュが移籍したら。
最大の懸念:ディフェンスとリバウンド。バルニャーニはしばしばダーク・ノビツキーのジュニア版と呼ばれているが、ノビ太でさえ9~10本のリバウンドを取っている。


スリーも良いけど…
b8f61781711dd2c1ef3b2d52b56a0370-getty-90044171rt08_nuggets_raptors_convert_20100512014408.jpg



10.ラマーカス・オルドリッジ(24歳)
実際になれそうな時:ロイを越えたら。
最大の懸念:リバウンド。身長も高い上に身体能力があるんだからもっと取れよって話。リバウンドとディフェンスに対する姿勢はKGを見習いなさい。


KG「俺を見習え!!」
PP「(俺じゃねーよ。)」
r2781704212_convert_20100512014518.jpg

どうでしたか?次世代のNBAを担う若手選手たち。今後の活躍に期待ですね!


応援よろしくお願いします!!!→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
スポンサーサイト

▶ Comment

個人的にはやはりグリフィンに期待です、来年どんなプレイをしてくれますかね~
ロンドはビッグ3が居るにも関わらず、凄い活躍ですな。恐るべし・・・
2010.05.13 06:57 | URL | KG #- [edit]
おぉ・・・この記事みましたが翻訳までしてくれてるので助かります!、


一番気になったのがヒバートですね、「オブライエンが居なくなったら」というのは激しく同意!、ペイサーズはダイアの原石ばかりでどうにも各選手の成長・戦力バランスが悪いですよね・・・

ロンドの成長はもう・・・なんかキャブス戦も「レブロン対ロンド」的なノリになってますしね~、新人の頃エアボール連発してたのが信じられないくらい成長しましたね☆こればっかしは予測出来なかったです←そりゃそうか
2010.05.13 06:58 | URL | tk #HcnFm8SE [edit]
KGさん、コメントありがとうございます!

そうですね!この中ではグリフィンが一番成長する見込みがありますからね、今のところ(まだプレー見てないだけw)

ロンド…以前に「ロンドがでしゃばりすぎないようーに」みたいな事を言いましたが、彼はその次元をとうに超えていましたね^^;
レブロンが「俺がロンドにつく」みたいなこと言ってたのに結局パーカーだしw

GAME6・・どうなることやら…
2010.05.13 21:19 | URL | spree8 #- [edit]
tkさん、コメントありがとうございます!

やはり、tkさんも読みましたか!
いやーでも段々めんどくさくなってきてほとんど意訳になってしまいました…w

ヒバートに関してはケビン・マクヘイルを招聘してコーチするみたいな情報もありますね。ユーイングとハワードみたいな図式を描いているのでしょうか。
ペイサーズは今のメンバーのままで3年後ぐらいは強くなりそうですけど、それまでにどんどんトレードされそうですねw

そうですね~。主演ロンド、助演BIG3みたいになってますね。ロンドみたいにRSは平凡でもPOに入ると一気に確変するような選手も最近はなかなか見ないですからねー。でも、今年はネルソン、ナッシュもPO確変入ってますね!フィッシャーも頑張れ!!w
2010.05.13 21:29 | URL | spree8 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://romancing0507.blog48.fc2.com/tb.php/43-f6b646b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。