スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情?それとも勘定?

Posted by spree8(スプリー) on 18.2010 New York Knicks 3 comments 0 trackback
ap-a9949d146565454b860be92da9fefb71.jpg


今日はホームでヒートを迎えました。
注目の一戦です。
レブロンはボールを持つ度にブーイング。
ボッシュはFTの度に"over rated!!"でした。
対マイアミ 91-113 Box Score 16勝11敗(2連敗中)

えーと、、ボロ負けしました。が、点差通り全然実力が違ったかと言われたらそーでもない気もします。
前半は同点で折り返したのですが、第3Qで一気に離されてしまいました。
実は第2Qにも一時は10点離されたのですが追いついています。
第3Qは追いつけなかった。
何が悪かったか?

色々ありますが、とりあえず挙げられるのはフリースローとPG。
実はニックス、今シーズンフリースローの確率がNBAで2位です。
8割以上の成功率を誇っています。
そのニックスが今日の試合では13/23でした。これは酷い。
おかげで集中力に欠けてしまい、離せるところで離せない、追い付くべきところで追いつけないという悪循環になってしまったように見えました。

PG。
「こいつは試合に負ければフェルトンが悪いとか言えばいいと思ってんじゃないの??」と思われるかもしれませんが、半分ぐらいはその通りであって、フェルトンが不調だと結構オフェンス機能停止します。
鍵となるアマレとの連携ですが、予想通りアマレに対するマークは厳しかったです。
なかなかインサイドに張れない。
にも関わらず、「とりあえずアマレ!」ってな具合にボールを放り込みます。
スリーポイントレーン少し手前辺りでアマレはボールをもらっても結構困ります。好調ならミドルを決められますが、そこはやはり主戦場ではありません。
かといって、フェルトンを下げて替わりにコートに送り込める選手がいません。
(だから今ニックスは控えPGを探しているわけですが…テルファーが候補となっているみたいです)
そして、それ以外の選手(チャンドラー、ガロ、フィールズ等)がアマレにボールが入ると動かない、という開幕以来の課題も改めて浮き彫りになりました。


勝ち続けて気付かない(忘れてしまっていた)こともあります。
成長するためにはどこかで落ちないといけません。
失敗することで気付けます。
成功と成長、言葉は似ていますが全然違います。
マイアミに負けたのは非常に悔しいですが、ただの1敗です。「感情よりも勘定」。割り切りましょう。

というわけで、次はアウェーでキャブス戦です。選手もファンも切り替え切り替え。
B2Bですが、失敗から学んだことを生かせるかどうか。
個人的な目標まであと2勝です。サクッと勝ちましょう!
午前中は予定があってリアルタイム観戦できませんが…


★日曜日の放送お見逃し無く!




応援よろしくお願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


スポンサーサイト

▶ Comment

更新お疲れさまです。

この試合アマレのFTの調子が悪かったですね、スプリーさんの仰るように後半ほとんどアマレ頼みでオフェンスが停滞してましたよね、あれじゃアマレだけ抑えればいいんで守る方も楽なもんです。

それと切り替えも悪かったですね、ボッシュに走られて簡単に点とられるパターンも多かったです。ディフェンスが悪いのは今にはじまったことじゃないんで取り返してアップテンポなバスケできればまだ対抗できたのかもしれませんでしたがそれもなかったんでね;

PGに関してはスプリーさんの仰る通りだと思いますよ
余計なドリブルが多い、セレクションが悪い、味方を活かせない…スタッツこそアシスト10でしたけど実際足引っ張った印象しか持てなかったです。PGの補強は急務ですね


あとはやっぱりダントーニだと思うんですよね
サンズ時代大成してるんで一応優秀な部類に入るHCかなと思ってたんですけど、選手の起用や育成、ディフェンスに関してはほとんど頓着のないHCなんで「今までで一番ディフェンスが悪かった」なんてぼやいてもそれは自分の責任でしょって思うんですけどね~
それ以上に手詰まり状態のオフェンスを打開できる采配ができないのも問題ですよね、サンズ時代はナッシュが奮闘していたおかげで競った試合もできましたけど、裏を返せば選手だのみですからね…メディアでも言われてるようにもっとジェントリーのようにベンチ選手を上手く使って状況を打開することも大切だと思うんですけどランドルフみたいな使えそうな選手も使わないのはちょっとHCしてどうなのよと個人的に思ってます。

とHCの愚痴になりましたがまだシリーズは長いんでいい補強ができればいいんですが







2010.12.20 13:34 | URL | 774 #JyN/eAqk [edit]
どうも、ご無沙汰しています。

アマレ頼みというのは9試合連続30点以上というのも手伝ってしまったのでしょうね。ここでガロやチャンドラーが外から攻められればいいのですが(スリーだけでなくペネトレイトも含めて)、やっぱり足が止まってしまっていたのが気になりました。

仰るとおりアップテンポなバスケが信条ですのでトランジションに負けたらお話になりません。ニックスの失点の多さは、ニックス自体がオフェンスの回数が多いので必然的にディフェンスの数も少なくなる点も少なからずあると思うのですが、そんなチームが空いて以上に走られてしまったら勝てるわけが無いですよね。

ニックスがこれ以上強くなろうとする上でプリングルスは避けては通れない問題だと思います。
ディフェンスについては言わずもがなですし、オフェンス主体のクセにクロージングが下手です。
選手頼みというのは仰るとおりだと思います。
ナッシュだからこそ成功したというのはあります。フェルトンはナッシュではありません。元々アップテンポの選手(だったらしいですが)というのも考慮してもフェルトンはフェルトンです。
ランドルフはかなり残念です。ブレイクすると思いきや、試合に出れても結果が出せず…ガッチリしたセンターがいないですから、なかなか使い方も難しそうです。

補強については見守るしかないですよね。。。
ランドルフを使ってペイサーズから指名権獲得。その指名権とガロとかチャンドラー使ってメロなんていう話もありますが、そんなことよりPGの控えやキャンビー復帰、やプリジビラ獲得説の方が興味あります。
2010.12.20 23:55 | URL | spree8(スプリー) #pfzgXJEQ [edit]
オフェンスの回数が多くなるので、ディフェンスの回数が少なくなるって意味不明ですねw
ディフェンスの回数も多くなるので失点の機会が増えるみたいなことを書くつもりでした。すいません、訂正しておきます。
2010.12.21 00:41 | URL | spree8 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://romancing0507.blog48.fc2.com/tb.php/177-e63f85e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。