スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西高東低遍歴

Posted by spree8(スプリー) on 20.2010 ランキング・企画 2 comments 0 trackback
136410-440001-0000-20080131030000.jpg

今年のレギュラーシーズンも残すとこあと15試合程になってきました。

ウエストのプレーオフ出場チームはほぼ決まりつつあり、あとは順位って感じになってきましたね。
イーストはまだシカゴに可能性があるのでどうなることやら。ボブ猫にはなんとか出て欲しいのですが。。そこで注目したいのがウエストのロケッツとグリズ。8位のブレイザーズとは5ゲーム程差をつけられてしまったのでかなり厳しくなってきましたがファンなら「イーストだったら」と思ってしまいますよね。

さて、ここで疑問。近年NBAでは西高東低が続いていますが、皆さんはいつからだと思ってますか?2000年初めのレイカーズ王朝から?ジョーダンが引退してから?意外に曖昧ですよね。その辺のところ、このブログではっきりさせようじゃありませんか!w元ネタ無し!

そもそも西高東低の定義はなんでしょう?
①優勝チームがウエスト・・・それはちと暴論
②30チーム中上位10チームの内過半数がウエスト・・・もう一声っ!
③30チーム中上位16チームの内過半数がウエスト・・・だいぶ近くなってきた!

では、こうしましょう。
ウエストでプレーオフに出場できなかったが仮にイーストだったら出場できたチームが存在、あるいは、イーストのプレーオフチームで仮にウエストだったら出場できないチームが存在したら西高東低
なげーよ・・・w

では遡っていきましょう。
08-09 ウエスト9位PHO(46-36)→イースト5位 イースト4位ATL(47-35)→ウエストなら不出場 
07-08 ウエスト9位GSW(48-34)→イースト4位 イースト4位CLE(45-37)→ウエストなら不出場
         10位POR(41-41)→イースト6位
         11位SAC(38-44)→イースト8位
06-07 ウエスト9位LAC(40-42)→イースト8位 イースト6位NJN(41-41)→ウエストなら不出場
05-06 ウエスト9位UTA(41-41)→イースト6位 イースト5位WAS(42-40)→ウエストなら不出場
04-05 ウエスト9位MIN(44-38)→イースト5位 イースト6位BOS(45-37)→ウエストなら不出場

ここより以前は4ディビジョン制の時代です。懐かしいw

03-04 ウエスト9位UTA(42-40)→イースト4位 イースト4位MIA(42-40)→ウエストなら不出場
         10位POR(41-41)→イースト5位
         11位GSW(37-45)→イースト8位
         12位SEA(37-45)→イースト8位
02-03 ウエスト9位HOU(45-37)→イースト6位 イースト5位NOH(47-35)→ウエストなら不出場
01-02 該当チーム無し               イースト4位CHH(44-38)→ウエストなら不出場
00-01 ウエスト9位HOU(45-37)→イースト7位
         10位SEA(44-38)→イースト7位 イースト5位TOR(47-35)→ウエストなら不出場
99-00 該当チーム無し               イースト6位DET(42-40)→ウエストなら不出場           

98-99 ウエスト8位MIN(25-25)→イーストなら不出場  イースト9位CHH(26-24)→ウエスト8位
97-98 ウエストイースト共に該当チーム無し
96-97 該当チーム無し               イースト9位INC(39-43)→ウエスト8位
95-96 該当チーム無し               イースト9位CHH(41-41)→ウエスト8位
  ・
  ・ (注)CHH=シャーロット・ホーネッツ
  ・

と、こんな感じです。従って・・・
「勝手に認定!NBA西高東低の始まりは1999年!」ぱちぱち。
いやーみなさんすっきりしましたね。(別に)
のどの奥に引っ掛かってたものが取れた気分です。(私だけ)

理由は一つじゃないんで複合的な要因が絡み合ってるんですが、以下の様に推察します。
1998年にブルズ王朝が終焉を迎え、MJ、ピッペン、ロッドマン、フィル・ジャクソンがチームを去る。同時にブルズと長らくライバル関係にあったニックス、ペイサーズ、ホークス、マジックなどの強豪チームの主力も高齢化や移籍により衰えていき、往年のインパクトが残せなくなった。イーストではさらに、AI、カーターなどの若いスターが全盛期を迎えつつあり、イーストの古豪との星の潰しあいとなる。要するに世代交代。その後イーストの古豪は世代交代にうまく行かず、継続的な強さを見せることができなくなる。
ウエストではブレイザーズやキングス、ウルブスが台頭してくる。その中でレイカーズはフィル・ジャクソンを招聘し、シャックが全盛期を迎えヤングスターコビーと共に王朝を築いていくことになる。レイカーズ王朝が崩壊しても、「BEAT LA」を掲げてチームを強化してきたウエストのチーム達はその後も強さを誇示していく。また、同カンファレンスに強豪が多くいる故に下位に沈んだウエストの弱小チームもドラフトでフランチャイズ・プレーヤーを獲得して強豪化していく。

ま、こんな感じでしょうか。しかしこの勢力図も今年の夏には大きく変わる可能性が大いにあります。そしてウエストの強豪チームは今後5年程で世代交代に成功できるのかどうか。特にスパーズやマブス、サンズ辺りが気になります。
そして古豪ニックスの復活はあるのか!?(結局そこかーい)
NBAがますます楽しくなってきます。


なんちゅう終わり方だと思った方はクリックお願いします!→→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

▶ Comment

いやーすっきりしましたw


本当に今度の夏で一気にバランスが代わる可能性がありますよね。

なんとなくレブロン、ウェイド、ノビ太あたりは結局残りそうな気もしますけど。

特にニックスは準備バッチリですし楽しみですね!

魅力的なマーケット、プリングルスの存在、頼まれちゃうと面と向かって断りにくい強面GM。

勝手な想像なんですが、ニックスの選手整理がここまで上手く行ったのはウォルシュの顔の怖さによる所が大きいと思ってますw

ネッツも軽く引くぐらい負けててドラフト有利ですし、お金もあるしで個人的にはこっちのが楽しみです。


あー早くシーズン終わんないかな←!?
2010.03.24 02:17 | URL | シン #- [edit]
シンさん、コメントありがとうございます!

すっきりしていただいてよかったですw

そうなんですよねーその3人の中で一番動きそうなのがウェイドなんですけどねー。
アマレがFA確定的になったのでアマレ&JJってのだけはやめて欲しいんですけどね。
ウォルシュの顔はホント恐いwwインディアナでもその強面で建て直したのでしょうかww

ネッツ、何気に楽しみですねー。この前リーがネッツに行きたがっているという記事を書きましたが、今度はアル・ハリントンがネッツに行きたがっているそうです。どんだけー。

>あー早くシーズン終わんないかな←!?
それは早過ぎですww
2010.03.24 23:30 | URL | spree8 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://romancing0507.blog48.fc2.com/tb.php/16-1f1fe958
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。