スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルシュGMの評価 -後編-

Posted by spree8(スプリー) on 17.2010 New York Knicks 2 comments 0 trackback
donnie_walsh_convert_20100304235450.jpg


注:決してマフィアのボスではありません。
前回の続き、後編です。元ネタ参照は前編で。

3.FA契約

2009年12月 ジョナサン・ベンダー
ある意味ギャンブルであるが、結局何も得ることは無かったし何も失わなかった。
評価:0

20010年4月 アール・バロン
ダブルダブルを稼ぎ、良い補強だとは思ったが今オフで契約しない見込みなので結局±0。
評価:0(再契約すれば+1)

2010年7月 アマレ・スタウダマイヤー
第一希望はもちろんレブロン。アマレではない。アマレに対して払いすぎという意見をよく見るが、そうは思わない。アマレはサンズのマネージメントに不満を持っていた。また、「ナッシュが居ないと活躍できない」と言われているが、むしろその逆。数字は上がるだろう。他のPFと比較しても、ボッシュは自力でPOにすら導けていない。それに、アマレと契約したからこそ今現在、メロとクリポーでBIG3という構想も出ている。
評価:+3

2010年7月 レブロン、ウェイド、ボッシュ獲りに失敗
とは言ってもほとんどのニックスファンの期待に100%応えられずにプランBの結果になったことは事実。ウォルシュは出来る限りサラリーを削減して大物2人を呼び込める状態を作った。だが、それだけでは足りなかった。最終的にはシカゴもマイアミも同じ状態を作った。我々はレブロンにプッシュすべきだった。レブロンの最優先事項は「友達とのプレー」だった。ウォルシュのアプローチ法は間違っていたのだ。
評価:-2

7/10/10 レイモンド・フェルトン
実質2年契約で結んだのは素晴らしい。2年後にクリポーを狙えるためである。また、このリーズナブルな短期契約はトレード価値としても非常に魅力的。
評価:+2

7/13/10 ティモフィー・モズコフ
まだ評価するのは難しい。
評価:-

8/6/10 ロジャー・メイソン
1年契約できたのは良い。彼は良い選手でチームのケミストリーを破壊するようなこともしないが、勝利を上乗せしてくれるほどの選手では無いことも事実。
評価:0

小計:+3

★感想
当然アマレの箇所が一番議論となりそうですね。
個人の成績が伸びるかどうかはわかりませんが、少なくとも当時ニックスはもう一人大物をMAXで獲るという意思表示をしなければならなかったのでアマレとのMAX契約自体は大間違いでは無かったかと思います。
あの時点でレブロンやウェイドとMAX未満で契約できると思った方はいましたか?
他にサイトレを含めて大物2人を狙えた最大のライバルはローズがいるブルズとウェイドがいるヒート。
特にこの2チームには差別化を図る必要がありました。というか、その時点でアピールできる選手がいなかったニックスはこの2チームに追い付く必要がありました。

重要なのはアマレがどれだけレブロン勧誘の「人財」となるかということ。
もちろんそう考えると(そう考えなくても)インサイドのパートナーとしてはボッシュがベストでしたが、あの時点でボッシュがニックスに来る可能性は残念ながら皆無でした。噂さえありませんでした。
かくして、レブロン獲りは失敗に終わり、残ったのはアマレのMAX契約。

ではスルーして来年以降に賭けるべきだったか?
あの時点でそんなことしたら2010年を2年間待っていた多くのニックスファンの反感を買ってしまいます。
誰も獲得せずに来年以降メロやクリポー、デロンを狙うことは先のマイアミBIG3の結成から鑑みて非常に危険な賭けだと思います。
果たして誰もいない空っぽのニックスに大物が来たがるでしょうか?
この面から現在アマレがいるという事実は大きな強みです。
実際、アマレでレブロンは釣れませんでしたが、メロやクリポーの食い付きは良いですよね。

「アマレにMAXは見合わない」という意見がほとんどですし、それは同感です。
サンズのMAX未満のオファーは正当でしょう。
ところが、ニックスはサンズと状況も危機感も全然違いますし、ニックスの場合、問題はそこだけに留まりません。
それは上述の通りです。
ドランの唯一の長所である「とりあえずカネは心配いらん」という懐状況も理由の一つなんでしょうね。

とか何とか言ってますが、私も+3は正直評価高すぎるとは思いつつも、レブロン獲り失敗の箇所で-2なので実質的に+1と考えれば妥当でしょうか。


4.その他

2008年夏-マイク・ダントーニ就任
多くのニックスファンはダントーニの就任に憤慨した。なぜなら、彼はディフェンスを一切やらないからだ。
パット・ライリー、ジェフ・ヴァンガンディのニックスを見てきた人ならなおさらである。
だが、ディフェンスには何も期待していないがオフェンスには期待している。
そして、仮にこの2年間と同じロスターでフィルやアワーバックが指揮していたからといって、38勝を超えることはできただろうか?

つまり、ダントーニ就任の評価が出るのは来シーズンだ。ダントーニのシステムにマッチしそうな選手はいっぱい獲得した。今の段階でダントーニを切って、ディフェンシブなコーチを就任させるべきかはかなり微妙なところ。やはり評価は来シーズン終了後だ。
評価:0

2010年オフに向けたキャップスペース作り
2004年のピストンズを例外として、優勝チームは最低でも一人は必ずスーパースターがいる。どうやったら獲得できるか?トレード、ドラフト、FAの3つの方法がある。しかしニックスにはスーパースターの対価となるようなトレードできる選手がいなかった。クロフォード、ザック、カリー、ジェローム・ジェームズ、ジャレッド・ジェフリーズの契約は重すぎるので動かせない。なのでトレードの可能性はなし。5位以内の1巡目指名権をもっていなかったのでドラフトでも無理。(スーパースターとなるのは大体5位以内)

しかし、ウォルシュは2008年の就任以来2年後のレブロン獲得のために人員を整理してきた。それは就任時に宣言したことで、ニックスファンもそれを受け入れてきた。しかも軸がブレることなく一貫している。
このこと自体の評価は高い。
評価:+3

小計:+3

合計:+9

★感想
プリングルスについては概ね同意見。私も兼ねてから申していますが、オフェンスよりディフェンス派。
プリングルス自体は新人を育てないという点も含めて好きなタイプではありません。
個人的にはマイナスですが、それは私の好みとチームの方向性がたまたま違っただけですのでそれを皆様に押し付けるつもりは毛頭ございません。
そして、今のメンバーでディフェンシブなコーチにシフトしても・・・もはや手遅れです。
そんなツンツンしながらも、ニックスのまともなオフェンシブスタイルを見るのは初めてなので少し楽しみというデレもあります。
今までは何というか、「なんちゃってオフェンシブチーム」みたいな所があったので。
メンバーもメンバーでしたからね。


合計が+9、そして何点満点か明らかでない上に比較対象もいないので絶対的にも相対的にも良いのか悪いのかわからないですが、少なくとも私は辛抱強い今のウォルシュGMの経営能力はかなり信頼しています。
アイザイア体制で数年連続でラグジュアリータックス支払額がリーグトップだったチームが、今年は健全経営です。
アイザイア再入閣を未だに虎視眈々と狙っているドランにもいい加減目を醒まして欲しいところ。(ほとんど諦めていますが。)
そのためには「チームが勝つ」しかありません。
負けが混んでくると、GM交代の口実となってしまいますからね。
アマレにしてもアイザイア阻止にしても今年は勝負の年です。


【宣伝】19日日曜の23:00頃からコービーさんの生放送開始です!お見逃し無く~!!


【ニコニコミュニティ】ニコ色に染まる俺【NBAの部屋】の生放送


応援よろしくお願いします!!!→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

スポンサーサイト

▶ Comment

アイザイアだけは
アイザイアだけは
アイザイアだけは……

怒りっぽいニューヨーカー達を相手に勝ち星を捨ててまでサラリーを整理し、(ドラフト指名権はもったいないが)見事にここまで来ました。

結果論だけ言っても仕方ないですが、ちょいと……いやむしろかなり報われなかったのかな~と。



今年POに進んだボブ猫は、L・ブラウンの指導の元に固いDFを作り上げました。

NYにいた頃のL・ブラウンとロスターは全く噛み合って無かったので、チームはあんなんになってしまい、ラリー先生は首に…しかもアイザイアがHC……

かつてのニックスの窒息DFを見たニューヨーカー達なら、別にオフェンス重視(ダンドーニ)じゃなくても良かったんじゃないのかなと思いますね。

あの頃のニックスのロスターよりは豪華さではかなり(?)劣るボブ猫がPOに出たのでふとそんなことを思いました。
2010.09.19 00:32 | URL | JACK #- [edit]
アイザイア、そしてさらに前任のスコット・レイデン(現ジャズAC)も忘れてはいけません。
その2人に比べればウォルシュは格段に(今のところ)実績を残しているので信頼度・期待度も上がります。

当時はプリングルスの他に、マーク・ジャクソンやユーイングの名前も挙がっていましたよね。
ただ、いずれも「経験不足」という懸念事項があったのも事実です。
プリングルス就任がウォルシュの評価に直結するわけでは無いですが、今年のメンバーはオフェンス思考のHCでは無いと無理なのである程度期待はしています。
獲得した「主力」選手はウォリアーズとサンズからですからw

ただ、ディフェンスに意識は持って欲しいです。
アマレも何年か前(プリングルスが既にサンズを離れていた時)に、「プリングルスはもう少しディフェンスをやればもっと良いHCになる」と言っていた記憶があるので、それが真意なら説得して欲しいですねw
2010.09.20 17:08 | URL | spree8 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://romancing0507.blog48.fc2.com/tb.php/121-e516a8c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。