スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォルシュGMの評価 -前編-

Posted by spree8(スプリー) on 17.2010 New York Knicks 6 comments 0 trackback
amareconferencepg_8_convert_20100710232821.jpg


ウォルシュの評価に関する記事を見つけました。まぁ彼に対する最終的な評価は今ではなくて、まだ先なのですが…現段階でということでご容赦下さい。

元ネタ:Buckets over Broadway
     -Grading Donnie Walsh, Part Ⅰ
     -Grading Donnie Walsh, Part Ⅱ
     -Grading Donnie Walsh, Part Ⅲ
     -Grading Donnie Walsh, Part Ⅳ

GMの業務として代表的な「ドラフト」「トレード」「FA契約」と「その他」の4つのカテゴリー別に分けてそれぞれ評価しています。ポイント数の加減基準は相対的に判断しましょう。
一気に書くと非常に長くなるので、今回は前編と称して「ドラフト」「トレード」のカテゴリーを見て行きます。
では、早速参ります。

1.ドラフト

2008年 ダニーロ・ガリナーリ(6位)
エリック・ゴードン(7位)は素晴らしいプレーヤーとして成長しつつあるが、ガロはニックスにとって不可欠な存在だ。
評価:+1

2009年 ジョーダン・ヒル(8位)、トニー・ダグラス(29位)
なぜ、ジェニングス(10位)を獲らなかったのか?確かに、彼のヨーロッパでの低パフォーマスンに関しては多くの人間が疑問を持っていた。しかし、ヒルは簡単にトレードされた。早々に育てることを辞めたのであれば、やはりジェニングスを獲れば良かったではないか。さらに当時はPGの補強が急務だったのになぜビッグマンを獲ったのか理解に苦しむ。
評価:-2
ただし、レイカーズからトニー・ダグラスを獲得できたのは大きい。
評価:+1

2010年 アンディ・ロウティンス(38位)、ランドリー・フィールズ(39位)、ジェローム・ジョーダン(44位)
全員2巡目指名選手なのでスタメンに定着する確立はせいぜい5%。ロウティンスとフィールズは開幕ロスターに残れたし、ジョーダンも海外でプレーすることになっているので現段階では成功とも失敗とも言えず。
評価:0

小計:0

★感想
まぁドラフトは結果論な所がありますからね。
カリーが獲れなかったため、プランB(一応リー放出の後釜候補)として獲ったヒル。
残して育てるのであれば違ったのでしょうけど、出してしまいましたからね。やはりジェニングスというタラレバは思ってしまいます。
ガロよりブルック・ロペス(10位)という意見もありますし。
ガロとダグラスが同ポイントというのが気になりますが、案外妥当かもしれません。


2.トレード(OUT選手⇔IN選手)

11/21/08 
ザック・ランドルフ+マーディー・コリンズ⇔ティム・トーマス+カティーノ・モーブリー

ザックは今でこそ活躍しているものの、当時はディフェンスできない、契約が重い、態度悪い…ので放出はファインプレー。コリンズは大して重要でない。トーマス、モーブリーは2010年オフには契約切れの選手。
評価:+2

11/21/08
ジャマール・クロフォード⇔アル・ハリントン

ザックと違い、クロフォードは残してよかった。トレードする必要は無かった。しかし、ハリントンはダントーニのシステムにフィットしたようであるしマイナスではない。
評価:0

2/19/09
ジェローム・ジェームズ+ティム・トーマス+アンソニー・ロバートソン⇔ラリー・ヒューズ

2010年を越えて契約が残る不良債権ジェローム・ジェームズを放出して、ブルズでのプレーを拒否していた2010年で契約が切れの不良債権ヒューズを獲得。
評価:+1

2/19/09
クリス・ウィルコックス⇔マリック・ローズ

(敢えて原文で)Who cares?
評価:0

2/18/10
ネイト・ロビンソン+マーカス・ランドリー⇔ビル・ウォーカー+エディー・ハウス+JR・ギッデンス

ボストンから1巡目指名権を引き出せなかったのでほとんど意味無し。ネイト放出はダントーニの意向。ただ、ビル・ウォーカーが意外に良く、来シーズンも良い働きを見せれば結果的に良いトレードになると言える。
評価:0

2/18/10
ジャレッド・ジェフリーズ+ジョーダン・ヒル+2011年1巡目指名権+2012年1巡目指名権⇔トレイシー・マグレディ+セルジオ・ロドリゲス

このトレードのコンセプト(皆さん承知していると思うので内容は省略)は理に適っているが、多くを出しすぎた。1巡目指名権×2は明らかに出し過ぎ。
評価:-1

7/9/10
デビッド・リー⇔アンソニー・ランドルフ+ケレンナ・アズブーキー+ロニー・トゥリアフ

リーを失ったことは我慢ならないが、これは良いディールだ。(注:元ネタ筆者はリーが好きだったようです。)アマレとリーはどう考えても共存しないし、ランドルフ、アズブーキーはダントーニのシステムにフィットしそう。この2人に加えてトゥリアフもスタメンになり得る。3人とも契約残り1年というのも素晴らしい。
評価:+1

小計:+3

★感想
クロフォードの放出はプラスでいいのでは。2010年オフのためにキャップスペースを空けて来たわけで、10ミリオンものの契約は大きな負担となり大物2人獲得というフラグさえ立てることもできません。
20点前後獲る実力があってもFG%が4割前後で年齢も30歳となるのであれば放出もやむなしとは思います。

一巡目指名権×2の放出は確かに痛いですね。何よりボストンあるいはヒューストンから今年の1巡目指名権を獲得できていれば評価も変わっていたかと思いますがね~。
大物が誰も獲れなかったらさらに低い評価となっていたでしょうが、アマレを獲得→新たなBIG3の可能性も出てきたわけで、ここはちょっと難しい判断です。


次回は最も重要な「FA」、そして「その他」を見て行きます。
「FA」に関してはあの人についてビッシリ書かれていますよ。

応援よろしくお願いします!!!→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

スポンサーサイト

▶ Comment

新BIG3形成(+10)とかなるのか?(笑)
まあ現状での+3妥当でしょうね。今後色んな意味で大きく変化するであろう+3。要注目ですねo(^-^)o
2010.09.17 22:15 | URL | KG #- [edit]
ジェニングススルーは正解だと、未だに思ってます。
だってプレースタイル等、スターブリー臭ぷんぷんしますやん。
スカイルズHCの下だからジェニングスは評価され出してるのであって、ダントーニと一緒にやって成功するとは思えません。
2010.09.18 07:54 | URL | papepo #JyN/eAqk [edit]
papepoさんのジェニングス論には妙に納得しちゃいましたww確かにHCの影響は大きいですからね~

ダンドーニにフィットすると言われながらも、ヒルは原石のまま放出されちゃいましたよね結局は。

誰だ適当なソースばらまいたの(笑)

ドラフトにはタラレバが絡むにしろ、せっかくの8位指名権はちょいと勿体なかったかなと。


次回は………………重くなりそうですねww
2010.09.18 08:17 | URL | JACK #- [edit]
「トレード」に関してはカリーが全てですね。
最後のアイザイア債権をどのように使うかで決まると言っても過言ではないかもしれません。
2010.09.18 19:43 | URL | spree8 #- [edit]
twitterではお世話になっています。
スター臭は確かにしますね。
55点獲った試合は勝ったから良かったものの、負けてたらより次世代スターとして扱われたかもしれません。
ダントーニとジェニングスが組んだら破滅の道まっしぐらかもしれませんねw
2010.09.18 19:49 | URL | spree8 #- [edit]
プリングルスは新人を育てようとしないですからね~。
ガロに対して「第2のミルサップだ」とか言ってみたり。
当時はインサイドとしてグリフィン、サビートに次ぐ選手としての触れ込みでしたが・・・

後編、早速アップしました。重いですw
2010.09.18 19:53 | URL | spree8 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://romancing0507.blog48.fc2.com/tb.php/120-0209ecd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。