スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロ移籍の可能性

Posted by spree8(スプリー) on 28.2010 トレード・FA・将来的な話 6 comments 0 trackback
Anthony_Carmelo_den_091210.jpg


私が直近の1ヶ月間、あまりNBA情報をフォローできませんでしたが、メロの移籍話が目下の話題の中心だったのでしょうかね。
ま、今さらですが私の皆さんに追いつくための情報収集も兼ねてレビューしてみます。
(皆さんは既にご存知のことばかりでしょうが…)


発端は7月11日にNYで行われたメロの結婚式におけるアマレ・メロ・クリポーのBIG3結成の旨を含んだクリポーのスピーチ。これはクリポー問題で一度触れましたね。

その後、8月上旬にメロはデンバーの自宅を売却に出していることがわかりました。
彼の豪邸は取得価格12ミリオンですが、現在の時価は約9.5ミリオン。
簿価は減額するので単純に差額がそのまま売却損となるわけではありませんが、ミリオン単位の損失を出すことは明らかです。この事実により「移籍の準備?」との憶測が流れます。
元ネタDenver Westwood blog

この辺りから各情報サイトが「メロ移籍」についての記事を発信します。

「メロは出て行きそうだ」ESPN
「メロがニックスにトレードされそう」 NY POST
「メロはレブロンよりもニックスにフィットする」NY POST

なぜここで急にニックスの名前が出てきたかと言うと、彼自身がニューヨーク出身であるということと、奥さんが芸能人でデンバーよりも大都市での生活を望んでいると言うこと(パーカーの時と一緒ですね)、そしてニックス自体が遅くとも来年オフにはメロ獲得に向かっているということが挙げられます。

確かに3年65ミリオンの延長契約のオファーを提示されているのに、未だにメロはサインしていません。
そして、CBAの変更に伴いこのような高額オファーを受けるのは今年が最後、というのが目下の定説です。
サインしないということはデンバーを出たいという他に理由が見当たりません。

ところが、ニックスに限らず他チームがメロを「今」獲得するのであればトレードしか手段はありません。
しかし、ニックスが現段階で放出できるのはカリー、チャンドラー、ガロ、ダグラス、指名権のみです。(今年のFA組、確かサイトレ組も、ルール上まだ放出できません)
トレード対価として提示できるのがこれだけでは、さすがにナゲッツも相手にしてくれません。
だったら来年のオフまで待つしか出来ないのか?そんなことしていたら、他に獲られてしまいます。
案の定、トレード候補はどんどん増えていきます。
ネッツ、ロケッツ、マジック…。
元ネタNY POST

しかし、ナゲッツだってメロを放出したくありません。ビラップスが「俺はデンバーでキャリアを終える」と発言するなど、メロに残留を訴えているわけです。
そんな中ナゲッツのオーナーが新しくなりました。さらにGMも新たに就任(というよりそれまでいなかったのですが)。メロと残留交渉するも失敗、放出決断した模様。マーティンやJR・スミスも放出すると画策しているようです。
現在はネッツとクリッパーズが最有力候補みたいですね。さらにはロケッツ、ウォリアーズ、(ジョーダンブランドを理由に)ボブキャッツが候補である模様。
元ネタYahoo Sports(ちなみにこの記事を書いたのはレブロン移籍経緯を散々否定的に書いたAdrian Wojnarowskiという人物です。信じるか信じないかは貴方次第w)


つまり「今」ニックスがメロをトレードで獲得できる可能性は限りなく低いわけです。
ニックスがメロを獲得するには、他のチームにトレードされようが延長契約をせずに来年オフのFAまで待つしか無さそうです。
このような表現だと絶望的という感じになってしまいますが、私の予想は「メロは今年はデンバー残留」です。
あんまりフラグを立てない方が良いかな~とは思いますがw
トレードが2月のデッドラインまで無かったらニックスはキャップスペースもありますし来オフに多少は有利です。


まぁニックスファンでも意見は分かれそうですが、私はどっちか選べと言われたらメロよりクリポーの方に来て欲しいですね。
で、メロがニックスに来ると「ヒートの二の舞か」「ニックスもチートかよ」「フランチャイズプレーヤーと言う言葉は廃語か」と叩かれることは目に見えています。
しかし、来なかったとしても「ニックスはレブロンにもメロにもフられてざまぁw」「ニックスはアマレと心中」と言われそうな事もまた目に見えてはいますw
まぁCBAが決まっていないのでニックスBIG3がルール的に可能かどうかもまだわからない状況ですが。

つまり、私が言いたいのはニックスにはファンが共感できるような納得性を有するチームの方向性を示して欲しいということです。
先週のいつもお世話になっているコービーさんの放送内ではニックスに批判的な意見が多かったですね。しかし、一つ忘れてはいけないのは(これはコービーさんも擁護して下さっていましたが)、ニックスはまだ「再建中」だということ。
現在の方向性は明らかですし悪く無いと思います。というか思いたいw
要するにアイザイア時代のようにマーブリーとフランシスを平気で並べるとかそういうことはもうご勘弁願いたいということです。

メロが来る来ない別としてニックスには強くなってもらいたい、というファンとして誰もが持つ感情を最後に書いてこの記事を締めくくりたいと思います。

ちなみに現実ですが、ニックスはロワティンス、フィールズの両ルーキーと契約。金銭トレードで得た7-1のジェローム・ジョーダンは交渉権を保有したままヨーロッパ行き。そして!ユーイングの息子のユーイング・ジュニアとも契約しました!父親も帰って来い~。ジュニアは2年前に直前でカットされたこともあるので今年は残って欲しいです。


…と言いつつ、実は書きたかったことがもう一つ。
私は全くの蚊帳の外にいるので何も言う立場には無いのですが、NBAブログとして私の尊敬する&非常にお世話になっている「NBAちゃんぷる~」さんが更新一時停止を宣言されました。理由についてはtkさんの記事をご確認ください。
大御所NBAブログが相次いで閉鎖、あるいは更新停止になってしまって残念です。
やっぱり「NBAブログ」を読んでる方、書いてる方って「NBA大好き」というのが大前提にあると思います。
日本ではNBAはニッチな市場です。
しかし、tkさんはWOWOWのNBA番組に読者のコメントを反映させようと努力されていましたし、先ほど登場したコービーさんもニコニコ動画内で現在はジョーダンしかいないNBA選手の「ニコニコ大百科」を充実させてNBAを広めようとようと働きかけています。これって素晴らしいことですよね!
私は小物ですのでそこまでマクロな貢献は出来ませんが、仮に当ブログがきっかけでNBAファンになったりニックスファンになった方がいたら凄く嬉しいです。
自分に出来ることは皆さんに興味を持ってもらえるような記事を書くように努めることぐらいです。
とは言いつつも自分のブログですし気軽に、いい感じに適当に。
tkさんもあまり深く考えすぎずにどうかゆっくりと休んでください。
もし読まれていたら復活される際には是非ご一報をよろしくお願いします!


ちなみにそのコービーさんの放送は本日28日土曜日17:00からですのでお見逃し無く~。


こちらも応援よろしくお願いします!!!→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
スポンサーサイト

▶ Comment

宣伝乙です!

放送のタイムシフト全部見られちゃいましたか・・・w
予想していたことでしたが、大百科のNBA関連記事の充実はあまり乗り気じゃない人が多かったので、まだまだ先の話になりそうな気がします。(自分もどこかの記事を編集したりしたことがないですしw)

間違いなく、現時点ではニックスがトレードに使える選手、非常に限られてますよね・・・。俺も無理にカーメロ獲らなくても、04年に優勝したピストンズのようなチームが形成できればちゃんとフロントが評価されると思います。

しかし実際は、セルティックスのようにタレントとケミストリーを両方兼ね備えたチームでなければ優勝に近づけないのが現状ですね。

やはり一昔前とは、いろいろな意味でNBAが変わってきているようですね。
2010.08.28 13:29 | URL | コービー #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.08.28 15:37 | | # [edit]
いろんな意味で2003年ドラフト組は凄いですよね……

最強オールラウンダーのディオウ、確率新記録コーバー

激動の夏を過ごしたレブロン、ボッシュ、ウェイド


そしてカーメロ(なぜ5年の延長契約したんだ……)。
スーパースターが多いんで話題に上がることは多いにしても、ここまで話題を話題振り撒きますか?と。

ただこの問題に関しては、カーメロだけじゃなくて、カーメロの婚約者の発言が…
2010.08.28 20:31 | URL | JACK #- [edit]
昨日の放送お疲れ様でした~。

> 大百科のNBA関連記事の充実

最初からうまく行くことなんて少ないですよ;;
徐々に徐々にです。コービーさんが先陣を切ればついてく人も現れると思います。
私もお手伝いできることがあればと思います。


> ニックス

現段階ではかなり可能性が低いのであまり期待しない方が賢明ですねw
当時のピストンズの様なチーム作り自体がなかなか難しいですが、あのようなチーム作りができたら痺れます。
ケミストリーは仰るとおりですね、今も昔も強豪チームはどこもケミストリーが高いですよね。バスケはチームスポーツという命題を改めて感じさせてくれます。
2010.08.29 12:40 | URL | spree8 #- [edit]
仰ること全て理解しました。言及されている発泡酒と生ビールの例えもすごく同意ですw
ルール・マナーに則ってNBAを楽しみましょう!
こちらもご期待に沿えるように「本音で」邁進しますので宜しくお願いします。
2010.08.29 18:26 | URL | spree8 #- [edit]
改めて考えるとそうですよね~。

メロの婚約者、ララ・バスケスさんの発言力はいかにw
クリッパーズが最有力らしいですが、大都市に移籍するにしてもコービーがいる限りロサンゼルスはあり得ないと個人的には思っているんですけどね。
ロサンゼルスはコービーの街ですから、ヒール役になってしまうと言う意味で。
まだネッツの方が可能性あるかな~と勝手に思っていますw
2010.08.29 18:34 | URL | spree8 #- [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://romancing0507.blog48.fc2.com/tb.php/106-27a3e1d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。