スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Just Lin Time

Posted by spree8(スプリー) on 19.2012 11-12シーズン 7 comments 3 trackback
new-york-j-lin-legend-shirt_design.png


現状、サクラメント戦の前半まで見ております。
先ほど家に戻ってリーパス見ようとしたらメンテ中なので、久しぶりに書いています。


様々な要因があると思いますが、とにかく勝ってます。
私の中で現在6連勝中。

救世主が現れております。
結構苦労人らしく、どのチームも採ってくれないから、ニューヨーク大学に通っている弟だか兄貴のアパートに寝泊まりをしていたらしいリン君。
(実況で言ったていたのですが、あんまり正確に聞き取れた自信なし)
サクラメント戦の前半時点でもう9アシストしちゃってます。

スピードは無く、ディフェンスも平均、シュートも決してうまいわけでは無く、TOが多い上に身体能力は低い。
どちらかといえば確実に私の中では嫌いな部類のタイプ。
でも、不満はありません。
何故なら勝っているから
いくらスーパースターを擁していても勝たなきゃしょうがない。
我々ファンはスーパースターの自己満足を見たくて金を払っているわけではありません。
どこかのチームを応援しているのなら、そのチームが勝利することを望み、
誰か選手が好きならば、その選手が属しているチームの勝利を望むのがファンであると認識しています。

スピードが無い代わりに、体の預け方に絶妙な巧さがあります。
ムッキムキな身体ではないのに、ボディバランスが良い。
遅いのに緩急のあるドリブルに誰もついていけてません。
カウント率が高いです。
トロント戦の同点に追いついたあのプレー。半端ないでしょ。
ご家族の不幸があったアマレの復帰戦ということで、精神的にどーかななんて思っていましたが、
リン君と良いピックアンドロールをしています。

リン君が活躍しだしてから、あんなに悪かったニックスのケミストリーがめちゃめちゃ良いです。
チャンドラーとのアリウープの息はピッタリですし、フィールズとの超高学歴バックコートのコンビは良く、
キックアウトパスを貰ったノヴァックはスリーをボコスカ決め、あのジェフリーズでさえ攻守に渡って活躍してしまう始末。
まさに救世主。



一方で、私がフォーカスしたいのはルーキーのシュンパート君。
この子、ディフェンスがガチでヤバイです。
たぶん本人、ディフェンスが好きなんでしょう。
このまま行けば、将来的にはオールディフェンシブチームに入れるのではないでしょーか。
ファンの方には大変失礼申し上げますが、私は身体能力の高さに頼ってブロックを量産している選手がオールディフェンシブチームに選ばれるのが好かんのです。
セフォロシャとかがもっと評価されるべきだと常々思っています。
トロント戦も終盤で値千金のスティールtoダンクを決めてました。
あーゆープレー大好きです。

よくよく考えてみれば個々でディフェンスの良い選手は結構います。
シュンパート君は前述の通りですし、チャンドラーは言うまでもなく、ジェフリーズは毎年テイクチャージで常に上位。
リン君の活躍はどこまで続くかわかりません。
トロント戦の同点の場面。
(頭の悪い選手を除いて)同点の場面でスリーを打つ選手なんて普通いますか?
しかも直前までドライブの連続。
賢い選手の部類に入るカルデロンでなくたって、離してディフェンスしますよね。ましてやシュートが凄いうまいわけでは無いですし。
心臓の強い男です。
ばーーーん。




リン君については賛否両論ありそーですが、とにかく勝ってるんですよ。
ファンにとっては嬉しい限りです。
純粋に勝ってるニックスを見たいんです。

チームケミストリーがどれだけ重要かということがよーくわかったこの6試合でした。
まぁ、バスケ経験者であれば言うまでもないことですが。



応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。