スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負け組シリーズPart.7

Posted by spree8(スプリー) on 14.2011 10-11プレーオフ 16 comments 0 trackback

ap-201106131305471198711.jpg


と行きたい所ですが・・・

まずはダラスおめでとー!
思えば、5年前にマイアミに2-0からの逆転負けを喰らってから、「プレーオフに弱い」のレッテルを貼られ、
それがドングリーHCからカーライルに代わっても言われ続け、その矛先はノビ太にも向かっていました。
この優勝は去年FAだったノビ太を手放さずにチームを改革しなかったキューバンのチーム愛の賜物だと言えちゃう気がします。
ノビ太と心中することを去年決めたダラス。
そして、サポートメンバーもそんなダラスを裏切る事無くチームに留まりました。
いや、良かった良かった。

プレーオフってのは短期決戦でありますから、そんなにコロコロローテーションを変えるというのはありません。
ただ、短期決戦であるが故にちょっと試してみてうまく行けばそのまま…なんてことも決して珍しいということはありません。
レイカーズ戦あんなに活躍したペジャ。
OKCとのシリーズはそこまで活躍できてはいませんでしたが、ローテーション入りして重要な役割を担っていました。
しかし、ファイナルは3試合で26分しか出場していません。
逆にカーディナルはPDXのシリーズからOKCのシリーズまでの15試合中たったの3試合しか出場していませんが、ファイナルでは・・・言わずもがなでしょう。

昨年プレーオフ、ジェイソン・キッドはシュートが全く入らずFG%も3割行くか行かないかぐらいであったと記憶しています。
しかし、カーライルはそんなキッドを常時40分以上出場させ続けていました。結果、スパーズにボロ負け。
今年はシュートも好調、はたまたスリーまでも好調。
(バレアが成長したということもありますが)今年は35分ちょいです。

カーライルHCのマネジメントは昨年とは全然違うように思えました。
割とネームを重視する傾向にあるとは常々感じており(カーライルの元でACを務めていたマイク・ブラウンもキャブス時代はその傾向ニアリ)、去年の負け組シリーズでは「解任した方が・・・」なんて事も書いていましたね。
なんと見る目がないことか。
ゾーンD#はマイアミを苦しめ、懸念のクロージングもなんとかうまく行きましたね。

HCもさることながらプレーヤーも慣れないファイナル独特の雰囲気に柔軟に対応できていったのではと思っています。
やはり、最初はキッドとノビ太のファイナル経験組しか計算できなかったのは否めません。
しかし、チャンドラー、マリオン、バレア、そしてデショーンは最終的によく順応していました。
前半は本当にイライラプレー連発だったジェットですが、やるときゃやる男でして、最後は大活躍。

褒めちぎっていますが、要するに優勝オメデトということで。
キッドが引退前にリングを獲得できて嬉しいです。


負けたマイアミについては後日追記します。

3名の方に優勝の可能性があったPick 'n Rollですが、ダラスが4-2で勝ったため、結局ファーストラウンドから神懸かり的に的中させまくっていたいのっちさんが優勝を収めました。
こちらもおめでとうございます!
standings_final.jpg

参加してくださった皆様ありがとうございました。
こちらの企画は私が当ブログを続けている限りやっていきたいと考えています。
来年こそは本家のnba.comのツールが復活することを祈りましょう。

応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ




スポンサーサイト

ジェットストリーム

Posted by spree8(スプリー) on 11.2011 10-11プレーオフ 8 comments 0 trackback
ap-201106092303830349767.jpg


3-2で王手かけてますが、事実上これで五分です。

私が前回の記事で散々苦言を呈したジェット。
これですよ、これ。
こーゆープレーを待っていたんですよ。
終盤のジェットのプレーはほぼパーフェクト。

ワイドオープンのスリーはキッチリ決め、ガツガツ突っ込んで「あ~またやらかしたなー」と思った瞬間、皆様が感動で涙した(と思われる)キッドスリーのお膳立てパス。
自身もハスレムにフェイスマークされてるノビ太に代わってちょっとディフェンス手を抜いてたレブロンの上からスリー炸裂。
いいじゃん、いいじゃん。


認めたくないけれども認めざるを得ない現時点最強チーム、マイアミ。
ホント強い。
終始リードを奪われていても、終盤一気にスパートをかけて逆転したり、突き放したりで相手の戦意喪失を誘うこの感じ。
ダラスのシュートがこんなに当たっても(FG%:56.5%、3FG%:68.4%)ギリギリの試合を強いられるわけですよ。
ホームなのに。
もっと言うと、今日はブライアン・カーディナルとかイアン・マヒーミとか普段そんなにな選手が存在感を見せているのにギリギリ。
マリオ・チャルマースとか他のチームじゃ恐らくあんなに活躍できないでしょう。


カーディナルといえば、今日の私の個人的にハイライトは3Q終了直前にデショーンとカーディナルのダブルチームでレブロンをスティールしたシーン。
別に流れが変わったとかそーゆー大きなプレーでも何でもないですが、あのヘルプD#は良かったですねー。
あぁゆーD#は大好きです。
まぁその直後にジェットが意味不明なパスミスをしでかしたのにイラっとしたのは内緒。


ダラスの面々は第7戦まで覚悟するみたいなコメントを残していましたが、本音は次で決めたいでしょうし、実際次マイアミが勝ってしまうと一気にマイアミ有利なってしまいます。

やはりゴール下のD#は相変わらず甘いです。
常に悪い、というわけではないですが瞬間的に「何してんの?」レベルのプレーが出てきてしまってます。
そしてそこを必ず突いてくるマイアミ。


ダラスが優勝するならゲーム6で決めるしかない。
2連勝中ですから勢いも利用して一気に行ってしまってほしいです。
ゲーム6で例えばブローアウト負けしてしまうようだとゲーム7での勝利は至難の業だと思います。
頑張れ頑張れ。


で、もう一つ。
昨日、恵比寿でビューイングパーティーがありましたー。
私は予約しておきながら、仕事で行けず・・・
人生が豊かじゃないなー、ホント。

まぁ、そのあとはいつもお世話になっているコービーさんとリスナー方々と合流。
私が持ってきた200枚ぐらいのカード(ほとんど昔の選手で完全にベテランズホイホイ。プー・リチャードソンとかディノ・ラジャとかロッド・ストリックランドとか)を見たりNBAの話で盛り上がったり、一方で全然関係無い話をしてみたり。
楽しかったです。
ありがとうございました。



応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ


ファイナル雑感

Posted by spree8(スプリー) on 09.2011 10-11プレーオフ 4 comments 0 trackback
ap-201106072315837525102.jpg


雑感です。
ほろ酔いなので変な事書いてるかも。


なんだかんだいいつつ3回しか無いホームで負けてしまった時点で後が無いダラス。
ゲーム4は何とか勝ちましたが次も絶対に勝たなければならないダラス。
ノビ太が40度近い熱が出しているとは知らずに観戦しましたが、相変わらず神レイアップで試合を決めてくれました。
まるでジョーダンじゃないですか。

それはいいとして、
何と言ってもディフェンスです。
カーライルHCが色々工夫しているのでしょう。
レブロンに対するマークマンを毎回変えています。
デショーンだったり、マリオンだったり、キッドだったり。
効果が出ているとかは数字だけじゃ判断できないのでアレですが、なかなか興味深いです。
まぁ、JVGが「レブロンにジェットがついてる」なんて突っ込んだ時には吹きましたが。

しかし、ダラスが真剣に何とかしなければいけないのはペリメーターのディフェンスもそうですが、
とにかくゴール下のディフェンスです。
あんなにチップされたりオフェンスリバン獲られたり、エアポケットのようにジョエルやボッシュ他をゴール下でドフリーにしていたら勝てるものも勝てません。
レギュラーシーズンじゃないんだから。
ファイナルですし、ましてや相手はヒートです。
つまりはゴール下のバックドア、スクリーンに対するディフェンスですね。
これを何とかしないと。
恐らく原因としてはコミュニケーションレスが挙げられると思うので修正はできると思います。


ダラスはとにかくノビ太、キッド先生のファイナル経験組しか計算できない。
それは恐らく、本人たちもわかっているよーで、特に終盤はその傾向が強まっています。

ここで頑張らなければならないのが、チャンドラー、マリオンのファイナル未経験組。
私が今更言及するまでもなく、キープレーヤーはこの二人です。
第1戦はキンチョーしていたのかファイナルの独特の雰囲気にのまれてしまっていました。
第2戦は少し吹っ切れたのかのびのびとプレーして活躍。
しかし、第3戦は初のホームファイナルでやはりガチガチ。
ただ、第4戦は吹っ切れたのかのびのびとプレーして活躍。
「チャンドラーが活躍しないとダラスは勝利できない」なんて方程式はこの4試合を見る限りは成り立ちそうな気がします。
しかし、間違っても「チャンドラーが活躍する⇒ダラス勝利」という方程式は成り立たない。

ノビ太、キッド先生が活躍するのは当たり前。
重要なのは他がどれだけサポートできるか。

一方で、ファイナル経験組なのにイライラさせてくれてるジェット。
メンフィス戦の時は大活躍でしたが、オクラホマ戦の後半辺りからどうもおかしくなってしまっています。
ノビ太が熱を出しているのなら頑張らなければいけないのは、マリオンでもキッドでもバレアでもなく、ジェットです。
しかし、残念ながらジェットは少し頭が弱いみたいで「頑張る」という意味を取り違えてしまっているようです。
一人でガツガツ行ってタフショットを決めるとかやみくもにスリーを打つことを求めているわけではありません。
少なくとも、ワイドオープンのスリーは決めて欲しいし、密集地帯に突っ込んでいくことやジャンピングバスはやめて欲しい。

パーフェクトな試合をしなければなりません。
つまらないターンオーバー。
これをとにかく減らさないと。
自滅は本当にもったいないです。
ダラスファンには申し訳ないですけど、キッドやノビだってこれがラストファイナルと思っているのではないでしょーか。


別にダラスファンではない自分が色々知ったかで語ってしまってすいません。

第5戦もダラスが勝つ夢を見ながら床に就きます。
見た目はタイですが、ダラスが追い込まれていることにはかわりありません。
次、ダラスが勝って初めてタイと言えるかも。



応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ









負け組シリーズPart.6

Posted by spree8(スプリー) on 29.2011 10-11プレーオフ 14 comments 0 trackback
fde6270687563a2a204f2b96639c3b98-getty-114212184mw079_oklahoma_cit.jpg



プレーオフも佳境となってきている最近ですが、なぜかブログを更新する気が起きない&そもそもNBA見るのも面倒くさいというらしからぬ感じなのですが、更新します。

ブルズは負けてしまいましたねー。
これで私のPick 'n Rollは終わりました。
standings_0529.png


※ごめんなさい、集計をミスりました。「Dallas win in game6」で計算してました。訂正してお詫びします。kogeさんご指摘ありがとうございます。

kogeさんの猛追はゲーム5のマイアミ並。あるいはゲーム5のダラス並といったところでしょうか。
現時点で優勝の可能性があるのはいのっちさん(4-2でダラス優勝予想)、kogeさん(4-3でダラス優勝予想)、そしてtkさん(4-2でマイアミ優勝予想)。

シュミレートの結果は以下の通りです。(訂正版
・マイアミが優勝の場合        →優勝:tkさん
・ダラスが4-2で優勝の場合    →優勝:いのっちさん
・ダラスが4-3で優勝の場合    →優勝:kogeさん
・ダラスが上記以外で優勝の場合  →優勝:いのっちさん、kogeさん

皆様仲良く優勝というのも良いですが、やはり単独優勝を狙いたい所ですね!


というわけで本題に入りましょう。

Vol.12 Oklahoma City Thunder


OKC.jpg

コリソンのこの契約って合ってますか?w
何回もツイートしましたが、、
やはりこのチームにファイナルは早いです。
とはいっても2年前は20勝足らずのチームということを忘れてはいけません。
かなりの急成長を遂げています。
もうこのチームは主力が若いので、メンバーをあんまりいじらずに成長させていくことが望ましいと思います。

SGはディフェンスのセフォロシャとオフェンスのハーディンがいますから補強の必要はあまり無し。
SFはKDがいるから問題無し。
インサイドはイバカ、コリソン、パーキンスで回していくことになります。
パーキンスの怪我等が怖いので、もう1枚計算できるインサイドが欲しいところ。
トゥリアフみたいなガッツ溢れるプレーヤーで、攻守ともにたまに覚醒する選手がいればいーんですけど、
ごめんなさい、渡せません。
まぁ、現実的には適当に残ったFAと契約するんじゃないでしょうか。

で、問題はPG。
私も散々ツイートしましたし、他でも色々な事言われていると思うのですが、
ウエストブルックのプレーは本当に見ていてイライラしました。
サンダーの追っかけでは無い私がそう思ったのですから、ファンの方はさぞかし・・・
かつてウチにいたスターさんと被りますね。
4Qにベンチに座らせていた事件とかありましたが、当然でしょう。
ウエストブルック自体は非常に優れている選手だと思います。
しかし、ちょっと使い方が難しい。
かなり「オレオレ詐欺」な選手です。
調子がいいと勘違いしてそのままプレー。調子が悪いと誰かを活かすようなプレーをするわけでもなく、単純にKDに丸投げ。
少し改善が求められそうです。

色々ネガティブなことを書いてますが、逆に言えば、ウエストブルックのプレーが改善されただけでこのチームは恐ろしいチームへと変貌します。
そしたら、ファイナルに相応しい、優勝に相応しいチームとなるでしょう。
将来的に財務的流動性も確保できてますし、可能性の幅が広いチームです。
期待できると思います。

KD「誰かさんのせいで、俺はもう限界・・・」(ウソ)
6ce91a30cb9873849b0851ded0f33019-getty-114212184mw077_oklahoma_cit.jpg




Vol.13 Chicago Bulls

chicago.jpg


2003年にダンカンがMVPを獲ってスパーズが優勝して、2004年のKGがMVPを獲って以来8年間、「MVPを獲得した選手が所属しているチームは優勝できない」というあまり嬉しくないジンクスは継続中という結果になってしまいました。

しかし、今年のローズは誰が何と言おうとMVPに相応しい選手でした。
主力はスカラさん以外残りますので、来シーズンも変わらぬ成績を残すのではないでしょうか。

問題となるのはデンの将来。
確かにオフェンスでもディフェンスでも相当チームに貢献しており、不良債権プレーヤーと言われた汚名をいくばくかは返上できたかもしれません。
しかし、客観的に見てやはり高い。
来年からはノアの長期高額契約がスタートしますし、デンのサラリーはチームの財布を圧迫していく状況は否めません。
2~3年後にはさらにその傾向は強まります。
ローズのルーキー契約も切れることですし、デンの契約最終年or前年にはトレードされるんではないでしょーかと密かに予想しています。

シボドーもCOYではありましたが、ルーキーHCです。
ACを何年間もやっていたとはいえ、この辺は経験がものを言います。
クロージングのやり方を間違えるとこのような結果になってしまうということは身に染みて分かったでしょう。

まぁ負け組と言っても、私は優勝チーム以外のすべてのチームを負け組と謳っているわけでして、
このチームは経験を積めば優勝できるのではないでしょーか。
マイアミが強かったですね。

顔を上げろ!エースが下向いちゃいけません。
58551f17c6692ff5a6c56527ede846a5-getty-114148268cc059_miami_heat_v.jpg

(この顔上げろシリーズ今回で3回目ですけど)
今回は無理か・・・
e81bfb6fc73ea1173c1f2cd9a8642742-getty-114148268cc058_miami_heat_v.jpg


さて、ファイナルは2006年の再現というなかなかオシャレな感じになりました。
当時のメンバーで今も残っているのはノビ太、ジェット、ウェイド、ハスレムのみ。
おっと、そういう意味ではダンピアーは微妙な立ち位置ですね。
再現と言ってもほとんど初対戦みたいなものです。
ヒートはオフのことがありますし、私みたいな古い人間はキッドにリングを~なんて思っていますから、
世間的にはダラスサイドが多いような気もしますが、
面白い試合を見せて欲しいです。
実はファイナル初出場のマリオンにも頑張って頂きたい。

引き続きファイナルも観戦中にツイートしていきます。
私はダラスサイドです。
ただ、予想はマイアミです。

【今週までに見た試合】

イースト全然見てない・・・

DAL@OKC Game3 93-87
DAL@OKC Game4 112-105
OKC@DAL Game5 96-100

CHI@MIA Game3 85-96
MIA@CHI Game5 83-80


PO累計:36試合 NYK:4試合
RS累計:94試合 NYK:73試合
累計:130試合 NYK:77試合


応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ







負け組シリーズPart.5

Posted by spree8(スプリー) on 21.2011 10-11プレーオフ 4 comments 0 trackback
4a3cfa35a8fd92d0bc1964d27d22157d-getty-113288595kc031_oklahoma_cit.jpg


やっとこさ、出張&ホテル暮らしに幕を閉じました。
新幹線内観戦もこれで終わり。
家のPCの高画質でゲームを見れるようになります。
のはずなのに、飲み会ばかりであんましNBAを見れていないという・・・w

んでもって再びビューイングパーティーがあるそうです。
ファイナルですね。
詳細はコチラ
はい、早速予約しましたー。
実際に参戦するかどうかは未定ですが、仕事の都合がつけば行きます。
いつもお世話になっているコービーさんも東北から参戦するそーです。


おっと、、そんな私のどーでも良いプライベートはおいといて、
まずはPick 'n Rollの更新です。
預言者いのっち様の単独トップは変わりませんが、kogeさん、CurrrrrYさん辺りが猛追しております。
CFは的中すると30ポイントなのでまだまだ一発逆転ありますよ。(私は無いですけど)

standings_0518.jpg


それでは本題続けていきます。
今日は1チームですね。

Vol. 11 Memphis Grizzlies


mirackuma.jpg

大躍進したミラックマ。
来年以降が凄い楽しみですね!!
と思えるかと言われればそーでも無い気も。

ザック神が空白になっていますが、4年71ミリオンの延長契約をしています。
ザック神と言えば、昨年オフにチームが延長契約を結ばなかったことに不満を持って若干のトレード希望宣言をした記憶があります。
確か、希望チームはデトロイト。

まぁ、昔の話は置いときまして。
相変わらずミラックマのフロントの意図は理解に苦しみます。
ザック神と延長契約を結んだのは4月中旬。
いや、確かにザック神の改心は目を見張るものがありますし、ザック神降臨無しにこのチームの躍進はあり得ませんでした。
しかし、ザック神とゲイ、それにコンリーまでにもそんなに払っちゃってこの先どーすんの??とは疑わずにはいられません。
というか、このチームはなんだかよくわからないのですが、新CBAを全く恐れていないですよね。
新CBA?何それー?ぐらいな勢いです。


当然プライオリティーはガソル弟の再契約。
いやー10ミリオン弱は覚悟しないと他チームに持っていかれてしまう気がします。
ドケチなチームがいくら提示するのでしょうか。
一応、マルクを狙っているチームの一つである我らがニックスは「ガソル弟は再契約する」という算段らしいのですがね。
とはいえ、新CBAでは相場が変わってくるのでもしかしたらもっと安い契約になってしまうのかもしれません。
とか何とか言ってるうちにバティエもどっか行ってしまうかもしれません。
アーサーも・・・ちょっと難しそうですね。

で、今年のミラックマはご存知の通りエース不在のままここまで来ました。
ゲイがいたら更に上を行けたかもしれません。
逆に、ここまで来れなかったかもしれませんし、それはわかりません。
後者であると考えたとして、かつ、ガソル弟との再契約にかなりのキャッシュをペイする。
以上の前提を考慮すると、当然ですがゲイのトレードオファーという話は出てきます。
しかし、オーナーのハイズリーはゲイをトレードする気は無いとコメント。

このチームの目標はどこなんでしょう。
どーしても私には早期決断感が否めません。
このコアメンバーで優勝まで狙うのであれば、まぁわかります。
マイアミはあの3人で優勝を狙っているので(ディスカウントしたとはいえ)長期高額契約が3本もあるわけです。
しかし、ミラックマの場合でもそれが当てはまるのでしょうか。
似たようなチームが実はイーストに1チームあります。
それはアトランタ・ホークス。
強豪チームですが、やはりセミカンで頭打ちとなっています。
加えて、ザック神は改心しましたが、いつまたダークサイドに堕ちるとも限りません。
3年後も同じポジションにいることができるか。
そこは少し懐疑心を持ってしまいますので、やはり来年も楽しみなチームですね!なんて安易に言えないひねくれた私がいます。
とはいえ、こんな素人なネガティブ意見を覆すような活躍を来年以降も見せてくれればNBA全体としては盛り上がるわけですし嬉しいですね。


負けてしまいましたが、ミラクルニックスを彷彿とさせる大躍進で楽しませてくれました。
THX!
fbc2583c4dbeb0912a4fb4984e204ae8-getty-113288514rm002_memphis_griz.jpg


【今週見た試合】

今週全然試合見てない・・・

OKC@DAL Game1 112-121
MIA@CHI Game1 82-103

PO累計:31試合 NYK:4試合
RS累計:94試合 NYK:73試合
累計:125試合 NYK:77試合


応援よろしく願いします→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ





 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。