スポンサーサイト

Posted by spree8(スプリー) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフの前に再確認

Posted by spree8(スプリー) on 08.2010 リクエスト記事 8 comments 0 trackback
ept_sports_nba_experts-441370001-1251339906.jpg

ファイナルもなかなか面白くなってきました。やっぱり接戦だと面白いですね。
レイ様は相変わらずドSです。
KGはどうしたんでしょー。
普段ならプレーが不調でも、声を出して周りを鼓舞するなどメンタル面で貢献してますが、この2試合は表情すら冴えません。
ちょっと心配です。


さて、先日の記事でuno-unoさんからコメントを頂きました。
一部抜粋します。

「夏のFAに向けてMAX契約って話はよく聞くんですけど、MAX契約って具体的にいくらなんですしょうか?ブログには17ミリオンとあるのですが、MAX契約は17ミリオンスタートという解釈でもよろしいのでしょうか? 」

NBAのサラリー制度は原則やら例外やらややこしいですからね!

そこでこの質問に答えるとともにオフのFAやトレードに向けて最低限知っとくべき(?)なルールを紹介します。
MAX契約だけ取り上げても良いのですが、いろいろと前提知識も必要なので…
ま、知らなくても全然問題無いんですけどね!

ただ、実は私もサラリーに関しては完全に理解しているわけでは全くなく、まだまだ勉強中の身です。
しかも、来年で労使協定変わるしーーーー。
なので、間違っている箇所などあれば、訂正して頂ければと思います。(←他力本願!?)
ちょうど最近、NBAちゃんぷる~さんのレベルの高い記事とコメントがアップされていたので、若干タイミング的に気まずいですが…w
ま、気を取り直して!


★サラリーキャップ

まず、このサラリーキャップ。ざっくり言えばサラリー総額の上限目安みたいなものです。チーム間の戦力均衡を図るために導入されているものです。原則としてキャップを超えて新たな選手と契約を結ぶことはできません。
キャップにはハードキャップとソフトキャップと二つありますが、NBAの場合はソフトキャップです。例外条項を使えば超えることが許されています。実際はほとんどのチームがキャップを超えています。


★ラグジュアリー・タックス(贅沢税)

チームのサラリー総額が「一定の上限」を超えると、その超えた分と同額のタックスをリーグに払わなければなりません。これをラグジュアリー・タックスと言います。つまり、簡単に言えば「10ミリオン超えた場合は超えた分の10ミリオン+同額のタックス10ミリオン=20ミリオン」をリーグに払わなければならないのです。
「一定の上限」と申しましたが、これは上述したサラリーキャップとは異なり、タックス・レベルというものが別に設けられています。
ちなみに今シーズン(09-10)はサラリーキャップが約58ミリオン、タックス・レベルが約70ミリオンです。

従ってサラリーキャップを超えていてもタックス・レベルを超えていなければラグジュアリー・タックスを払う必要はありません。


★サイン&トレード

これはFAの選手がいったん現在の所属チームとサインした直後に別のチームにトレードされるというもの。
チームが無償で出て行かれるのを防ぐために行われると思われがちですが、選手はサイン&トレードをすることによって通常は5年まで可能な複数年契約も6年まで可能となるため、選手にとってもオイシイ話ということになります。


★制限付きFA

制限付きの場合は、他チームがオファーシートにサインしてきたものと同額の契約内容を、現在の所属チームが提示した場合、優先して現在の所属チームと契約しなければならないというものです。
現在の所属チームが選手を引き止めることをマッチすると言います。


★MAX契約とミニマム契約

さて、ご質問の部分ですが、これは選手のNBA在籍年数によって異なります。
一応一覧をのせます。(ごめんなさい!携帯の方は見づらいかもしれません!)

ミニマム契約はコチラ
minimum.jpg


そして、お待ちかね、MAX契約はコチラ
maximum.jpg

わかりにくいですね。
ここでいうcapとは通常のサラリーキャップとは異なり、BRIというNBA関連収入の48.04%のことを言うらしいです。
zzzzzz…
そして両者を比較した上で高い金額とその選手の前年度サラリーの105%を比較して高い金額を初年度のサラリーとします。
来年度のBRIは今年よりも下がるとされており、すなわちcapの額は今年よりも少し小さくなると予想できます。

とりあえず例を出した方がわかりやすいですね。
例えば、7~9年目の選手のマックス契約は・・・

①$11,000,000
②$16,224,600(capの30%)
③前年度サラリーの105%


の中で最も高い金額が初年度のサラリーとなります。
従って、8年在籍しているアマレがMAX契約を結ぶ場合、今年のサラリーが$16,378,325なので初年度はその105%の17,197,241と計算されると思います。


そして、昇給率は上限10.5%までと定められています。
(これも原則例外があるのですが複雑なので省きます)
ここで注意しなければならないのが複利計算はしないということです。
(初年度サラリー×昇給率)を毎年加算していくと言う形になります。

では、サイトレとMAXのわかりやすい例として最高額砲ラシャード・ルイスのサラリーを見てみましょう。
ルイスはサイトレを用いて6年118ミリオンでマジックに移籍してきました。

1年目:15,600,000
2年目:17,238,000
3年目:18,876,000
4年目:20,514,000
5年目:22,152,000
6年目:23,790,000


昇給額は1年目の$15,600,000×10.5%=$1,638,000と計算されます。毎年$1.638,000づつ昇給していくわけです。
ルイスはそのサラリーに見合うプレーという観点からは印象が悪いですが、サラリー計算理解の観点からは非常に理解可能性が高くて好印象ですね!
冗談はさておき、これがサイトレでMAX契約を結んだ場合の一例です。



★125%+100k ルール

もう結構疲れてきましたが、これでラストにします。
次はFAではなくトレードに関するルールです。
これはキャップを超えてるチームがトレードを行う上で必要なルールです。
放出選手の合計サラリーの低い方の125%+100kを上限にトレードできるというルールです。
わかりにくいですね。
ま、要するに交換選手のサラリー総計差額が低い方の25%+100kまでならトレードできるということです。
ちなみにkとはキロのことで1000倍を意味します。「0.1ミリオン=100k=10万ドル」です。

すなわち10ミリオンの選手と12ミリオンの選手が交換できるか知りたかったら

10×125%+0.1=12.6≧12

なので、このトレードは成立します。10ミリオンと13ミリオンの場合は

10×125%+0.1=12.6<13

なので、このトレードは成立しません。10ミリオンの選手を放出するチームが新たに選手を追加したり金銭譲渡を含めたりする必要があります。
ちなみに金銭譲渡を含める場合は0.3ミリオン、300万ドルまでです。
ドラフト指名権は0円として計算します。


ま、他にもアーリーバード条項やらノンバード条項やらギルバート・アリーナス条項やらいろいろ例外条項はありますが、疲れたのでとりあえずここまでにしますがオフを楽しむ上でご参考になればと思います。
さらに詳しい事を知りたい方はコチラからどうぞ。

最後にuno-unoさん、コメントありがとうございました。
私自身も再確認することができました。
文章能力に欠けているこのブログですが、ご参考にして頂ければ嬉しいです。
(しかし、前回にしても今回にしても別にリクエストされたわけではないのにリクエスト記事というネーミングで良いのだろうか…。良いカテゴリー名を募集中。)

ついでに気まぐれで思いついたアンケードにご協力ください。



応援よろしくお願いします!!!→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
スポンサーサイト

ドレクスラー・シンドローム

Posted by spree8(スプリー) on 13.2010 リクエスト記事 10 comments 0 trackback
_2fmedia_2fhakeem24_627a.jpg


明日決着なるか、はたまたクリーブランドに戻るのか?要チェックです!


さて、この度リクエスト記事という新カテゴリーを設けました!
このブログは私の自己満であるとともに、読者様とのNBA情報共有が目的です。(←そうだったの!?w)
ちょっとした疑問などコメントして頂いて、それが「あ、面白いな」と思ったらこうやって記事に起こして他の読者様と共有していこうと思います。

先日の記事でシンさんから興味深いコメントを頂きました!一部抜粋します。


「僕はFAの選手達の動向を考える時いつも思うんですが、リング欲しくて激安で移籍してくるベテランってよくいるじゃないですか。

あれを今バリバリのスーパースターがやるって無いんですかね?


お金なんて他でいくらでも稼げるんだから、1年だけでも数milでどこかと契約する人とかたまには居てもいいんじゃないかと思うんですよね。

極端に言えばレブロンがレイカーズへみたいな。

プライドとか世間体とかもありますし、てか普通に考えてありえない話だとは思います。
万が一本当にそういう事が起きたら起きたで興醒めってなりそうですが、たま~にはそんな事やりだすスーパースターが出てきても良さそうなのになぁって思うんですよね。


ジョーダンがカリスマパワー発揮して、1年だけレブロンもウェイドもボッシュも連れて来るとか無いですかね(笑) 」



いわゆる「ドレクスラー・シンドローム」の現役バリバリ版ってことですね。(なんかあまり使われてないので死語化している気もしますがw)
少しだけ解説しますと、これはクライド・ドレクスラー(サムネ右)という1980年代から1990年代にかけて活躍したスーパースターに由来した言葉です。
この時代はご存知マイケル・ジョーダンがNBAを支配していたのですが、ドレクスラーはそのジョーダンと人気を二分していました。
彼はオールスター10回、オールNBAファーストチーム1回、セカンド2回、サード2回と輝かしいキャリアを過ごしていましたが、どうしてもNBAファイナルを制することだけはできませんでした。(それまでファイナル出場は2回)
そしてもうキャリア末期の1995年、当時最高のセンターであったハキーム・オラジュワン(サムネ左)率いるロケッツに移籍、遂に念願のリングを手にしました。
このように、スーパースターが引退間際に強豪チームに移籍する現象を「ドレクスラー・シンドローム」と言います。
最近ではマローン、ペイトンなんかが記憶に新しいですね。


さて、前置きが長くなりましたが本題です。
現在バリバリのスーパースターが格安で契約したりしないのか?
ちょっと皆さんで考えてみましょう!

確かにそのような話は結構よく見かけます。
むしろ、誰もが一回は感じたことのある疑問ではないでしょうか?w(もちろん私もありますww)
ソースは忘れてしまいましたが、「レブロンはもうすでにガッポガッポなんだから来年はミニマムで契約すべし。んでBIG3を形成しなさい」みたいな記事を読みました。
ルール的には、(実はそんなに詳しくは調べていないのですが)、可能だと思います。
しかし、これをやってしまうといくつか弊害が…
ここからは、あくまで私の考えなので異論・反論大歓迎ですw


シンさんの仰るとおり「プライド」「世間体」の二つが大きな理由だと思います。
プライドについては皆さんある程度想像つくのではないかと思います。
自分の力じゃリング取れませんって言ってるようなものですからねw

私はもうひとつの「世間体」の要素の方が大きいと思います。まぁ世間が許さないでしょう。
そして、選手会が許さないでしょう。フィッシャー会長激怒ですw
労使交渉で適正サラリーの妥協点を模索しているのに、レブロン級のスーパースターがミニマム契約したら、選手会的には「俺らのこの頑張りは何だったの??」って話になってしまうと思います。


そして私たちNBAファン。
例えば、自分の応援しているチームに来年レブロンとボッシュとウェイドがミニマムで1年契約したとします。
そして、優勝したと仮定しましょう。
当然、夏に「ミニマムで契約できるなら」と全チームからオファーが来るでしょう。そして移籍へ。
もちろん、他にもこのような選手たちが出てくるかもしれませんし、そうなると自分の応援しているチームのエースが毎年コロコロ変わるという奇妙な現象が起きてしまいます。
ただでさえNBAは移籍が多いです。もうわけわかんなくなってきますw
どうですか?
ちょっと、疲れちゃいません?w
私はファンが減ってしまうと思います。
ジャージの売上も激減しそうです。
先ほどの労使交渉がややこしくなって98-99シリーズのロックアウトの悪夢が再びやってくるかもしれません。
そうなるとNBAファンはどんどん離れていってしまうでしょう。。

そして一度ミニマムで契約した選手はもう2度と長期高額契約はできないのでは無いでしょーか。
引退間近のベテランなら問題ないですが、全盛期真っ只中のスーパースターとなると話は別です。
確かにスポンサーからの副収入は凄いと聞きます。
しかし、そこはスポーツ、ファンがいてこそ。ファンが離れてしまえば副収入も減少してしまいます。

スーパースター選手がリーグの将来のことまで考えているのか、それとも、単純にお金が欲しいのかはわかりませんが。
私はこのような理由でスーパースター選手のミニマム契約は実現しないのだと考えました。


と、まぁ色々考えたことをまとまりも無くダラダラと書いてしまいましたがみなさんはどうお考えでしょうか?
でも、私の考えだと極論、「選手のサラリーでNBAファンが増減する」みたいになってしまうので、こんなに寂しい話は無いですよねw
私たちは純粋にバスケを見たいのですし、そこで感動やら名場面やらが生まれるわけですから。
とか何とかいって、サラリー削減目的のトレードとか結構興味あったりするんですけどね^^;


最後に、、コメントしてくれたシンさん、ありがとうございます!そして遅れてしまって申し訳ございません。
他の皆さんももし疑問に感じたことなどがあれば、(本記事と全く関係なくても全然良いのでw)、気軽にコメントしてください!
こんな感じでみんなで考えてみましょう!
ま、私の知識はニワカなので、「全然ちげーよ」と思ったらコメント欄でヘルプしてくださいw




応援よろしくお願いします!!!→人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。